BICSが2020年の東京大会に向け日本でのフットプリントを倍増

BICS

2019/11/28 17:32

BICSが2020年の東京大会に向け日本でのフットプリントを倍増

AsiaNet 81859 (2388)

【ブリュッセル2019年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】

*ネットワークの拡張により、予想されるモバイルローミング・トラフィックの急増に備えて容量を10倍に増加

大手国際通信イネーブラーであるBICS(https://bics.com/ )は28日、日本でのバックボーンの大幅なアップグレードと拡張を発表した。リモートピアリング、クラウド接続、キャリアイーサーネットなどのローミングおよびIPベースサービスの需要増をサポートするため容量を10倍に増やす。この動きは、2020年に予想される日本国内および海外を旅行する国内外のモバイル契約者数の増加に先だって行われ、アジア太平洋地域と世界のその他の地域間で保証された大容量コネクティビティーへの高まる需要に対応する。

今回の拡張には、BICSのIPベースサービス向けのローカルインターネット中継点に接続する東京で2番目のポイントオブプレゼンス(PoP)の導入が含まれる。これにより、レイテンシーが削減され、エンドツーエンドの品質が向上すると同時に、ローカルの顧客がBICSのグローバルネットワーク・インフラストラクチャーに直接接続される。また、PoP導入は、地域内のコネクティビティーを最適化することにより、BICSの顧客のコストを最小限に抑える。

また、BICSは地域内の既存のネットワークインフラストラクチャーを、香港から日本、日本からロサンゼルスの新しいルートによって拡大した。その結果、コネクティビティーは10倍に増え、レイテンシーは大幅に削減された。

BICSのアジア太平洋地域担当マネジングディレクターであるマルコム・チャン氏は「日本は、5Gの導入を主導してインターネット・オブ・シングスのエコシステムを成長させているアジアのいくつかの地域の1つだ。この開発には、信頼性が高く、高品質で低レイテンシーのコネクティビティーと、セルラートラフィックとデバイス数の大幅な増加をサポートできるサービスが必要となる。したがって、この地域で当社のバックボーンを拡大することは、とりわけ来年の東京大会のため予測される日本への旅行者数という観点から見ると、将来の需要を満たすための重要なステップだった」と述べた。

さらにチャン氏は「海底システムを介してのみアクセスできる日本のような国々を世界の他の国々と結ぶ場合、特に容量、コスト、品質の面でなお課題がある。アジア太平洋地域と世界のインフラストラクチャーにおけるBICSの積極的なフットプリントによって、当社は日本での容量とコネクティビティーをアップグレードし、競争力のある価格でより高品質のサービスを提供することができている。現在サービスが稼働していることで、すでに事業者、加入者、IoTビジネスによってそのメリットは認められ、こうした人々は当社のグローバルネットワークが自身の将来のコネクティビティーのニーズもサポートするだろうと確信している」と語った。

▽BICSについて

大手国際通信イネーブラーであるBICSは、いつでもどこでも信頼性の高い安全なモバイル体験を創出することで世界をつないでいる。BICSはグローバルな音声通信事業者であり、世界中のモバイルデータサービスの大手プロバイダーだ。BICSのソリューションは、グローバルなモバイルコネクティビティー、シームレスなローミング体験、そして詐欺防止と認証から、グローバルなメッセージングやインターネット・オブ・シングスに至るまで、今日のデバイスへの欲求が高い消費者の現代的なライフスタイルをサポートするために不可欠だ。当社はブリュッセルに本社を置き、アフリカ、米州、アジア、欧州、中東に強力なプレゼンスを有している。

詳細は、www.bics.com を参照およびtwitterをフォロー。@BICS_SA(http://twitter.com/BICS_SA

ソース:BICS

BICS doubles footprint in Japan for 2020 Tokyo Games

PR81859

BRUSSELS, Nov. 28, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Network expansion increases capacity tenfold in preparation for the expected

surge in mobile roaming traffic

BICS[https://bics.com/ ], a leading international communications enabler, has today announced

a major upgrade and expansion of its backbone in Japan, increasing capacity tenfold to support

growing demand for roaming and IP-based services such as remote peering, cloud connect and

carrier ethernet. The move comes ahead of increasing numbers of domestic and international

mobile subscribers travelling in and out of Japan expected in 2020 and follows growing demand

for guaranteed high capacity connectivity between the APAC territory and the rest of the world.

The expansion includes the deployment of a second point-of-presence (PoP) in Tokyo,

which connects to the local internet exchange points for BICS' IP-based services.

This will ensure reduced latency, improving end-to-end quality while directly connecting

local customers to BICS' global network infrastructure. The PoP deployment also minimises

the cost for BICS' customers by optimising connectivity within the region.

BICS has also extended its existing network infrastructure in the region with

a new route from Hong Kong to Japan, and from Japan to LA, resulting in

a tenfold increase in connectivity and significantly reducing latency.

"Japan is one of several territories in Asia which is leading the deployment of 5G

and growing its Internet of Things ecosystem. This development requires reliable,

high-quality and low-latency connectivity, and services which can support large

increase in the cellular traffic and number of devices," commented Malcolm Chan,

MD, Asia Pacific, BICS. "Expanding our backbone in the region was therefore

an important step to meet future demands, especially in light of the number of visitors

expected to travel to Japan next year for the Tokyo Games."

"Connecting nations like Japan - which is only accessible via submarine systems

- with the rest of the world remains a challenge especially in terms of capacity,

cost and quality. Due to BICS' active footprint in the APAC region and global

infrastructure, we've been able to upgrade capacity and connectivity in Japan

and offer higher quality services at competitive prices. With the service now live,

benefits are already being recognized by operators, subscribers and IoT businesses

- all of which can feel confident that our global network will support their future

connectivity needs too," added Chan.

About BICS

As a leading international communications enabler, BICS is connecting the world

by creating reliable and secure mobile experiences anytime, anywhere. We are a

global voice carrier and the leading provider of mobile data services worldwide.

Our solutions are essential for supporting the modern lifestyle of today's device-hungry

consumer - from global mobile connectivity, seamless roaming experiences,

fraud prevention and authentication, to global messaging and the Internet of Things.

We are headquartered in Brussels, with a strong presence in Africa, Americas, Asia,

Europe and Middle East.

For more information visit www.bics.com and follow our tweets

@BICS_SA[http://twitter.com/BICS_SA ]

SOURCE BICS

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中