ラグジュアリーコニャック ルイ13世「ONE NOTE PRERUDE (一音前奏曲)」を発表

コニャック ルイ13世(LOUIS XIII Cognac)

2019/12/3 10:40

ラグジュアリーコニャック ルイ13世「ONE NOTE PRERUDE (一音前奏曲)」を発表

AsiaNet 81886

【パリ2019年11月27日PR Newswire】

ルイ13世の専用グラスで乾杯をした際に響くGシャープ(嬰ト)音にオマージュを捧げ、特別な曲がつくられました。ルイ13世が一滴でも様々な風味と印象を呼び起こすように、たった一音だけを用いた複雑かつ豊かなメロディが誕生しました。

「ONE NOTE PRERUDE (ワンノート・プレリュード/一音前奏曲)」は、有名なジャズ作曲家の才能と最先端のロボットが競演し、パフォーマンスを創造するという斬新なプロジェクトです。

コニャック ルイ13世をたたえたふたつのグラスが乾杯で重なり合う際に、余韻に満ちて澄んだGシャープ(嬰ト)音が奏でられます。「ワンノート・プレリュード」は、この特徴的な音に内在するさまざまな側面を探求しています。パリを拠点として活躍するイスラエル人ピアニスト ヤロン・ヘルマンが作曲を手掛け、Gシャープ一音のみを使用したシンフォニーが完成しました。

「このシンフォニーには、“複雑な簡潔さ”が内在します。すなわちたった一音であるにもかかわらず、多くの次元が表現されているのです。ルイ13世の一滴のように、音が時間とともに進化を遂げて花開いていくというアイデアに、大いに触発されました」とピアニストは語っています。

一滴になぞらえた一音によって、さまざまな次元と新たな世界を表現

ヤロン・ヘルマンが作曲したこのユニークな曲は、聴く者を巧みに魅了するピアノの一音で始まります。つづいて弦楽四重奏が加わり、同じ音を異なる音程でコントラストをつけたリズムで奏でます。個々の楽器がテクスチャー、ストラクチャー、ハーモニーを形づくっていきます。

ヴァイオリンが主旋律を奏で、第二ヴァイオリンとヴィオラが色彩とハーモニーをもたらします。チェロが低音リズムを加えることによってメロディーラインが際立ち、クレッシェンドへ向かう動きを生み出します。

つねに一世紀へと想いを込めて

そして、特製の一対のロボットアームが、音楽に連動して、ルイ13世をたたえたグラスを乾杯させます。このロボットアームは、正確なGシャープを奏でるために精緻な角度と速度でグラスを合わせます。

「『ワンノート・プレリュード』の作曲は、この一音にオマージュを捧げるだけではありません。一音に内在する複雑さを表現することによって、テイスティング後1時間近くも余韻を残し、コニャックの王と称されるルイ13世を彷彿とさせるのです」とグローバルエクゼクティブディレクターのルドヴィック・ドゥ・プレシは語ります。

2020年4月より、このロボットアームが世界各地の「ルイ13世 ブティック」にディスプレイされ、演奏する予定となっています。

クレジット:

クリエイティブ・エージェンシー:FFロサンゼルス

クリエイティブチーフディレクター:Fred & Farid

ロボットスタイリング:アルノー・ラピエール デザインスタジオ

www.louisxiii-cognac.com

お酒は楽しく適量を。

Video - https://mma.prnewswire.com/media/1035944/LOUIS_XIII_One_Note_Prelude_Live_music.mp4

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1035999/One_Note_Prelude.jpg  

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1036000/Louis_XIII_Cognac_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

LOUIS XIII Cognac Presents "ONE NOTE PRELUDE"

PR81886

PARIS, November 27, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- A Composition as a Tribute to the Specific "G-sharp" Musical Note Created

When Toasting With LOUIS XIII Glasses. A Melody With Just One Note Offering

Many Dimensions and Complexity Just Like One Single Drop of LOUIS XIII Cognac.

ONE NOTE PRELUDE composition is a pioneering project that brings together

a renowned Jazz composer and advanced robotics to create a performance.

When two LOUIS XIII cognac glasses are clinked together to make a toast,

they produce a very specific sound – a clear, extended G-sharp note.

ONE NOTE PRELUDE composition explores the multi-faceted nature of this

distinctive sound with a specially commissioned piece of music written by

the Paris-based Israeli pianist Yaron Herman, who composed a one-note

symphony using only G-sharp.

To view the Multimedia News Release, please click:

https://www.multivu.com/players/uk/8656651-louis-xiii-cognac-presents-one-note-prelude/

"The symphony has a complex simplicity. It's just one note, but with many dimensions.

The idea that one note, like one drop of LOUIS XIII, can evolve over time and reveal

itself was something that I found fascinating," says Yaron Herman.

One note, as a drop, offering many dimensions and revelations

The one-of-a-kind piece written by Yaron Herman begins with a single piano

note, which cleverly draws you in. The piano is then joined by a string quartet

playing the same note, but at different octaves and using contrasting rhythms,

the individual instruments adding texture, structure and harmony to the composition.

A violin provides the main melody, while a second violin and a viola add colour and

harmony. A cello adds a rhythmic bass line, bringing structure to the melody,

which rises to a crescendo. Always thinking a century ahead.

The pair of specially choreographed robotic arms come together, in time with the music,

to make a unique toast with two LOUIS XIII cognac glasses. The robots are going to give

precisely the right angle and the right speed to get the G-Sharp sound. "ONE NOTE PRELUDE

composition not only pays tribute to this musical note. It also expresses the complexity

of one single note, as an echo to the tasting of one drop of LOUIS XIII Cognac, which lasts

for up to one hour on the palate," says Ludovic du Plessis LOUIS XIII Global Executive Director.

As of April 2020, the unique robots' arms will be displayed in the LOUIS XIII Boutiques

and then will travel the world.

Credits:

Creative Agency: FF Los Angeles

Chief Creative Officers: Fred & Farid

Robot Styling: Arnaud Lapierre Design Studio

www.louisxiii-cognac.com

PLEASE DRINK RESPONSIBLY

Video:

https://mma.prnewswire.com/media/1035944/LOUIS_XIII_One_Note_Prelude_Live_music.mp4

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1035999/One_Note_Prelude.jpg  

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1036000/Louis_XIII_Cognac_Logo.jpg

Contact: communication.louisxiii-cognac@louisxiii-cognac.com  

Source: LOUIS XIII Cognac

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中