銀聯国際(UnionPay International)とCtripが中国人アウトバウンド旅客の2019年度の消費動向を発表

銀聯国際(UnionPay International)

2019/12/9 15:32

銀聯国際(UnionPay International)とCtripが中国人アウトバウンド旅客の2019年度の消費動向を発表

AsiaNet 81965

【上海2019年12月2日PR Newswire】

*2019年上半期の中国人アウトバウンド旅行者の旅行支出は1275億米ドルを突破した

*消費者属性及び消費シーンは多様化しており、より利便性の高いモバイル決済サービス環境が求められている

*UnionPay(銀聯)は年末年始に向け特別オファーを発表、ホリデーシーズンの消費者の消費促進を見込んでいる。

世界最大級の国際カードブランド、銀聯国際(UnionPay International、UPI)は11月28日、中国最大のオンライン旅行会社Ctripと共同で2019年「Chinese Outbound Travel Consumption Report(中国人アウトバウンド消費動向)」を発表した。同報告はUPIの決済データとCtripの旅行商品予約統計をもとに、中国で急増する観光需要とアウトバウンド消費の新しいトレンドを示している。報告によると、2019年までに中国人アウトバウンド旅客は150以上の国・地域を訪れている。このように目的地は多様化しているが、決済サービスにおいては国内同様に利便性と安全性を兼ね備えた多様なサービスを求めている。

▽中国のアウトバウンド旅客の特性とは:

*2019年の女性アウトバウンド旅客数は男性に比べ10%多い

*男性旅客の1人当たり平均旅行支出は増加

*中小都市からのアウトバウンド旅客が堅調な伸びを示している

*年齢別では、80歳代以降と60歳以上の年齢層の支出が最も多く、2000年代に生まれた人々は一人旅の傾向が強い

この報告から浮かび上がるさまざまな中国のアウトバウンド旅客の特性は、同時に彼らのサービスに対する期待と需要が様々であり、旅行者がますます多様化していることを示している。たとえば、若い世代はモバイル決済サービスを大変重要であると感じており、高齢者層は情報を求めている。

▽QR決済の伸びと新たな渡航先の登場

この報告によると、2019年上半期の中国人旅行者の世界旅行支出は1275億米ドルに達したという。渡航先では欧州、米国、オーストラリアの行き先は引き続き人気があったが、ベラルーシ、ミャンマー、ジョージア、ネパールなど、一帯一路構想参加国への渡航者が初めて大幅に増加した。

報告によると、中国人旅行者はホスピタリティー、食事、事前予約を重視していることも明らかになった:

*旅行者の80%はハイエンド(5つ星)ホテルに滞在

*南太平洋、中東などの地域でのF&B(食事・飲み物)支出は約60%増加

*エンターテインメントやアトラクションのオンライン予約が大幅に増加

このように旅行者属性の多様化に伴い、多面的なサービスへの要求も高まっている。クロスボーダー旅行者の新たなトレンドと多様なニーズに対応するために、銀聯国際(UnionPay International)はプロダクト開発とサービス改善に取り組み、利用可能エリアを177の国・地域に拡大した。

UnionPay(銀聯)の非接触決済「QuickPass」は現在、中国本土外の340万の加盟店で利用可能となっている。2019年にはメキシコ、チェコ共和国など5つの新たな地用可能エリアが加わった。UnionPay QR Code決済は32市場の45万店で利用可能となっており、その受け入れ加盟店数は実に2019年上半期比50%増加している。このように、UnionPay(銀聯)カードホルダーは現在、52の国・地域でタッチ決済もしくはQRコード決済が利用できるようになっている。

またUnionPay(銀聯)アプリ内の「クロスボーダー旅行サービス」では、UnionPay(銀聯)カードの特別優待や、為替レート、税金還付などユーザーへの案内を掲載している。

▽新年向け特別オファー

中国人アウトバウンド旅客にとって、UnionPay(銀聯)は依然として主要な決済手段であり、世界中で2850万の加盟店に受け入れられている。これには、イタリア、英国、インドの人気渡航先の50万の新規加盟店や70以上の国際航空会社が含まれる。

新年シーズンを間近に控え、UPIは34の国・地域の3万の加盟店での特別優待を発表した。アウトバウンドカードホルダー向けの30%割引の他、パートナーであるCtripと共同で提供している追加キャッシュバック等多くの優待を取り揃えている:

*UnionPay QuickPassで決済すると、空港免税店での特別優待や空港送迎の割引を利用することができる。一部地域ではQRコード決済で、カードホルダーに50人民元のキャッシュバックが提供される優待も提供している。

*UnionPay(銀聯)は、中国の8つの商業銀行とのクロスボーダー・キャッシュバック・プログラムを開始した。海外または特定のオンライン加盟店で買い物をするカードホルダーは、購入ごとに1%のキャッシュバックを得られる。この優待は、他優待との併用も可能となっている。

*UnionPay(銀聯)カードホルダーは、Ctripのパートナー加盟店での利用で5%の追加キャッシュバックを受けられる。

*この特別優待は世界中の80の主要なビジネス街で利用できる。

中国本土外で発行されたUnionPay(銀聯)カードの枚数は1億3000万枚を突破した。UPIは中国本土外の23の地域にある2000超の加盟店で、海外カードホルダー向けの特別優待も提供している。中国主要都市の一部加盟店では、海外カードホルダーも最大40%

の割引を受けることができる。

▽銀聯国際(UnionPay International)とは

銀聯国際(UnionPay International、UPI)は中国銀聯(China UnionPay)の国際展開を行う子会社です。世界中の2000以上の団体との提携を通じ、現在177の国・地域でのカードの利用が可能となっています。また、銀聯国際(UnionPay International)は58の国・地域でカードを発行し、世界最大級のカードホルダーをベースに、高品質で高効率かつ安全なクロスボーダー決済サービスを提供し、増加する世界中のUnionPay(銀聯)カードホルダーと加盟店に便利なローカルサービスを提供しています。

ソース:UnionPay International

(日本語リリース:クライアント提供)

UnionPay International and Ctrip Release 2019 Chinese Outbound Travel Consumption Report

PR81965

SHANGHAI, Dec. 2, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Travel spend by Chinese outbound tourists in the first half of 2019 reached US$ 127.5 billion

- Consumer profile and spending scenarios increasingly varied, calling for mobile payment

services of greater convenience

- A range of special offers from UnionPay unveiled for the New Year season are expected

to drive consumer consumption during the holiday season

UnionPay International ("UPI"), one of the world's largest bank card companies,

together with China's largest online travel agency Ctrip issued the 2019

'Chinese Outbound Travel Consumption Report' on November 28th. Drawing on

payment data from UPI and statistics of travel products booking from Ctrip, the

report highlights China's burgeoning appetite for tourism and new trends in

outbound consumption. The report shows that by 2019, Chinese travelers went to

over 150 countries and regions. The highly segmented tourist group calls for an

equally varied payment service of greater convenience and security.

Who are these global jet setters? Key Takeaways:

-In 2019, there were 10% more female outbound travelers than male;

-The average expenditure per person of male travelers is higher;

-There has been a steady growth in outbound tourists from second- and third-tier cities;

-By age, the post-80s and 60+ age bracket made up the highest spending, while

people born in the 2000s are following the trend of solo travel

The different customer profiles unveiled by the report all point to a growingly

diverse set of travelers, all with different expectation and demands for services;

for example, the young generation sees mobile payment services as essential

while seniors seek information.

Growth in QR Payments and Outbound Travel to New Destinations

The report also finds that global travel spend by Chinese travelers in the first half of 2019

reached US$ 127.5 billion. Destinations in Europe, the United States and Australia remained

top favorites, however, for the first time, there was substantial growth in visitors to countries

participating in the Belt and Road Initiative, such as Belarus, Myanmar, Georgia and Nepal.

The report also points out that Chinese travelers care significantly about hospitality,

dining and booking before arrival:

-80% of travelers stay at high-end (five-star) hotels

-Spending on F&B in regions such as the South Pacific and the Middle East saw

an increase of around 60%.

-The report also reveals substantial growth in online bookings for entertainment and attractions.

This highly segmented group of travelers are increasingly demanding more versatile services.

To better appeal to emerging trends and varied needs of cross-border travelers,

UnionPay International has stepped up efforts to improve product development and services

and has expanded its acceptance footprint to 177 countries and regions.

UnionPay's contactless payment solution, QuickPass, is now accepted at 3.4 million merchants

outside mainland China, with five new destinations - including Mexico and the Czech Republic -

added in 2019. UnionPay QR Code payment is available at 450,000 acceptance points,

up 50% compared to the first half of 2019; and in 32 markets, UnionPay cardholders can now

make tap-and-go or scan-and-go payments in 52 countries and regions.

In terms of information, the "Cross-border Travel Service" section on the UnionPay app

provides information on users' guidance of UnionPay cards, special offers, currency

exchange rate, tax refunds and more.

Special Offers for New Year

For Chinese outbound travelers, UnionPay remains the prime option for payment

and is accepted by 28.5 million merchants around the world, including 500 thousand

new members from hit destinations in Italy, UK and India and over 70 international airlines.

As the New Year season is approaching, UPI has rolled out special offers at

30,000 merchants in 34 countries and regions, including a 30% discount for

outbound cardholders, and will begin offering extra cashback rewards with

partner, Ctrip, along with several other benefits:

-Travelers can enjoy exclusive offers at airport duty-free stores and savings

on airport transportation when making payments by UnionPay QuickPass. Payment

by QR code in some regions will also reward cardholders with 50RMB cashback.

-UnionPay has launched its cross-border cash back rewards program with eight

commercial banks in China. Cardholders shopping at overseas or selected online

merchants can enjoy 1% cashback for each purchase. The rewards are available in

conjunction with other promotion benefits.

-UnionPay cardholders can enjoy 5% extra cashback while shopping at partner

merchants of Ctrip.

-The special offers are available in 80 major business districts across the globe.

The number of UnionPay cards issued outside mainland China has reached 130 million.

UPI has also launched special offers for overseas cardholders in over 2,000 merchants

in 23 regions outside mainland China. In selected merchants of major Chinese cities,

overseas cardholders can also enjoy discounts of up to 40%.

About UnionPay International

UnionPay International (UPI) is a subsidiary of China UnionPay focused on

the growth and support of UnionPay's global business. In partnership with more than

2,000 institutions worldwide, UnionPay International has enabled card acceptance

in 177 countries and regions with issuance in 58 countries and regions. UnionPay

International provides high quality, cost-effective and secure cross-border payment

services to the world's most extensive cardholder base and ensures convenient local

services to a growing number of global UnionPay cardholders and merchants.

SOURCE: UnionPay International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中