Topseatが欧州の大手DIY販売店に対する特許侵害訴訟で勝訴

Topseat International

2019/12/10 14:41

Topseatが欧州の大手DIY販売店に対する特許侵害訴訟で勝訴

AsiaNet 82082(2486)

【ミュンヘン2019年12月10日PRNewswire=共同通信JBN】Topseat International, Inc.(「Topseat」)は10日、ドイツのDIY販売店(ホームセンター)Hornbach Baumarkt AG(「Hornbach」)に対する特定のタイプの便座をめぐる特許侵害訴訟で勝訴したと発表した。

▽背景

Topseatは積層複合材料の便器のふたと便座に関する特許EP3205497など同社の便座のさまざまな知的財産権を所有している。Hornbachはこの発明を利用した便座を売り出していた。このため、Topseatはドイツの弁理士・弁護士事務所BARDEHLE PAGENBERG(ミュンヘン)を代理人として、Hornbachをドイツでの特許侵害で提訴した。マンハイム地方裁判所は2019年6月21日、訴訟7 O 122/18でHornbachによるTopseatの特許EP3205497の侵害を認定し、損害賠償と恒久的差し止め命令を含むTopseatの要求の全てを認めた。Hornbachはこの決定を不服としていったんは控訴したが、2019年11月に控訴を取り下げた。Hornbachの控訴取り下げにより、マンハイム地方裁判所の判決は確定した。これにより、Hornbachは問題の便座の提供、販売、利用を禁じられている。

Topseatのデビッド・ウー・マネージングディレクターは「ドイツの裁判所の判決は、当社の貴重な知的財産権を無償で利用した権利侵害者の責任を問う当社の特許訴訟の勝利である。当社のイノベーションが市場での成功に極めて重要になっている欧州連合(EU)諸国において、当社は当社の特許権を厳格に実行するよう追求する」と語った。侵害を認定した今回の判決はこのように、EU市場で一定の影響を及ぼすとみられている。

▽Topseatについて

Topseatは便座のデザイン、生産、仕上げで世界のリーダーであり、その最高の品質とイノベーションで国際的に知られている。Topseatは、世界の製造、保管、研究開発、事務所のスペースが20万平方フィートを上回り、年間、数百万の便座を生産し、ドイツ、フランス、英国、イタリア、南アフリカ、米国、その他の業務およびDIYの双方の市場に出荷している。

ソース: Topseat International

Topseat Wins Patent Infringement Lawsuit Vs a Major European DIY Retailer

PR82082

MUNICH, Dec. 10, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Topseat International, Inc. ("Topseat") today announced that it has prevailed

in a patent infringement proceeding concerning certain types of toilet seats

against German DIY retailer, Hornbach Baumarkt AG ("Hornbach").

Background

Topseat owns various intellectual property rights in its toilet seats, including

Topseat's patent EP3205497 protecting a laminar composite toilet lid and seat.

Hornbach had offered toilet seats making use of this invention. Therefore,

Topseat, represented by the German firm of patent attorneys and attorneys at law,

BARDEHLE PAGENBERG in Munich, sued Hornbach for patent infringement in Germany.

On June 21, 2019, the Mannheim District Court (case 7 O 122/18) confirmed infringement

of Topseat's patent EP3205497 by Hornbach, and granted all the claims Topseat had raised,

including damages and permanent injunctions. Hornbach initially appealed this decision,

but withdrew the appeal in November 2019. With the withdrawal of Hornbach's appeal,

the judgment of the Mannheim District Court has become final. Consequently, Hornbach is

prohibited from offering, marketing and/or using the challenged toilet seats.

"The German court decision is a victory in our patent litigation directed at holding infringers

accountable for using our valuable intellectual property rights without paying us," says

David Wu, Managing Director of Topseat. "We seek to enforce our patent rights rigorously

in EU countries where our innovations have been the key to our market success."

It is thus expected that the court decision confirming infringement might have some influence

on the market in the EU.

About Topseat

Topseat is the world leader in toilet seats design, production and perfection, recognized

internationally for its top quality and innovation. With over 200,000 sq. feet of manufacturing,

warehousing, research and development, and office space across the globe, Topseat produces

multimillion toilet seats annually, serving both Professional and DIY markets in Germany,

France, UK, Italy, South Africa, the USA and beyond.

SOURCE  Topseat International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中