国連安全保障理事会の非常任理事国選出に向け、ジブチが公式に選挙活動を開始

ジブチ共和国

2019/12/11 11:48

国連安全保障理事会の非常任理事国選出に向け、ジブチが公式に選挙活動を開始

AsiaNet 82062

ニューヨーク、2019年12月6日/PRニュースワイヤー/ -- ニューヨークにおいて、ジブチ共和国が国連安全保障理事会の非常任理事国選出に向けて、公式に選挙キャンペーンを開始した旨を明らかにしました。2020年6月に開催される第74回国連総会において、2021年 - 2022年度の安全理事会非常任国10か国の内5か国が選出される運びになっています。この5か国の内、1カ国がアフリカ大陸から選出される旨が法的に定められています。また、アフリカ連合によって定められた地域ローテーションの慣習をかんがみると、今回は東アフリカの番となります。

ジブチ共和国は、2016年末に立候補に対する断固とした意思と、その意義について明らかにしています。同国は、独立を獲得して以来、紛争解決と平和構築における重要な問題に深く関与してきました。多くの問題をはらんだ戦略的な地域である「アフリカの角」に位置するジブチは、オープンな政策と広範な国際協力を構築してきました。この事実は、数多くの友好的な大国が、ジブチ領地内に経済ならびに軍事的基盤を構築していることから証明されています。

ジブチは、テロの撲滅と、バブ・エル・マンデブ海峡戦略に関連した海洋貿易の保護にも尽力しています。ジブチは海賊行為の撲滅と難民保護に多大な力を注ぎ、国内に多くの支援組織を擁しています。国連旗のもとで多くの平和維持活動に取り組む同国は、「ソマリア駐留アフリカ連合平和維持部隊(AMISOM)」の派遣と並行し、1990年代初頭よりソマリアにおける対話と和平プロセスに深く関与しています。

ジブチは対話、調停、貿易、平和的な紛争解決におけるほかにはないプラットフォームを担っています。今回の立候補を通じ、同国は世界情勢に対する独自の経験、コミットメント、一アフリカ国としての視座を安全保障理事会に寄与する意向です。この立候補はまた、未来の地球を形づくるにあたって小国の寄与が考慮されるべきであるという意を表明しています。とりわけ気候の変動を視野に入れた際に、こういった考慮が必要だと考えられています。

ジブチの選挙活動は、イスラム協力機構、フランコフォニー国際機関、アラブ連盟各組織の支援を受けています。一方で、ジブチがアフリカ連合内のプロセスに対して抗議と遺憾の意を強く示していることから、ケニヤの対立候補指名を促しました。これは、組織内の規則と慣習に対する重大な違反にあたります。書面には、複数の候補国がある場合、ないしはコンセンサスが獲得できなかった場合に、候補国は、過去のローテーションと頻度という二つの基準によってランク付けされることになっています。この双方のケースにおいて、ジブチの立候補が優先されるべきでした。ジブチは1993年~1994年、ケニヤは1997年~1998年度に安全保障理事会の非常任国を務めています。さらに、ジブチが過去に一度のみ任命されている一方で (1993年~1994年)、ケニヤはすでに二度の任期を務めています (1977年~1978年、1997年~1998年)。

ジブチはアフリカ連合への無条件のコミットメントを強調し、大陸内諸国における政治・外交において全面的に協力する意向を明らかにしています。いずれにしてもアフリカ諸国間において定められた規則は、あらゆる諸国に対して民主的に適用されねばなりません。この意においても、ジブチは自国の立候補が正当性を有し、統一アフリカを代表するものであるとしています。以上のような理由から、ジブチは2020年6月の国連総会における投票にいたるまで、自国の立候補を擁護ならびに推進していく意向を明らかにしています。

https://mma.prnewswire.com/media/1041113/UN_Security_Council.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

Djibouti Launches Its Official Election Campaign for Non-permanent Membership of the UN Security Council

PR82062

NEW YORK, Dec. 6 2019, /PRNewswire=KYODO JBN/--

The Republic of Djibouti has announced, in New York, that it is starting its official campaign

for election as a non-permanent member of the United Nations Security Council.

In June 2020, the 74th session of the United Nations General Assembly will have to elect

five of the 10 non-permanent members of the Security Council for the period 2021-2022.

One of these five seats is statutorily allocated to Africa and, according to the tradition of

regional rotation adopted by the African Union, it is now East Africa's turn to apply.

The Republic of Djibouti announced its intentions, determination and the quality of

its candidacy at the end of 2016. The country has been resolutely involved in

the crucial issue of conflict resolution and peace-building since its independence.

Located in the heart of the Horn of Africa, a complex and strategic region,

Djibouti has been able to implement a policy of openness and broad international

cooperation, as demonstrated by the number of major friendly powers that have

economic or military infrastructure on its territory.

The Republic of Djibouti is also actively engaged in combating terrorism and

safeguarding maritime trade in the strategic Bab-el-Mandeb strait. Strongly

involved in the fight against piracy and the protection of refugees, Djibouti

also hosts a number of support structures on its territory. Besides participating

in numerous peacekeeping missions under the UN flag, the country has been deeply

involved in the dialogue and peace process in Somalia since the early 1990s,

with the deployment of troops within AMISOM (African Union Mission in Somalia).

The Republic of Djibouti embodies a unique platform for dialogue, mediation,

trade and peaceful conflict resolution. Through its candidacy, the country intends

to bring its experience, commitment and African perspective on world affairs to

the Security Council. This candidacy also embodies the need to take into account

the contribution of small states to the decisions that will shape the future of the planet,

in particular with regard to the issue of climate change.

Djibouti's campaign enjoys the support of the Organization for Islamic Cooperation,

the International Organization of la Francophonie and the Arab League. However,

Djibouti firmly deplores and challenges the process within the African Union,

which led to Kenya's competitive nomination. This process took place in flagrant

violation of the organization's rules and traditions. These texts specify that in the event

of multiple nominations or lack of consensus, States are ranked according to two principles:

previous rotation and frequency. In both cases, Djibouti's candidacy should have prevailed.

Djibouti last served on the Security Council in 1993-1994 and Kenya in 1997-1998.

In addition, Djibouti has served only one term in its entire history (1993-1994) and

Kenya two terms (1977-1978 and 1997-1998).

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1041113/UN_Security_Council.jpg

contact@ensuite.com

SOURCE: The Republic of Djibouti

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中