リヒャルト・ワーグナーの指環チクルスでライプツィヒ歌劇場の2020年カレンダーが開幕

Leipzig Tourismus und Marketing GmbH

2020/1/4 11:35

リヒャルト・ワーグナーの指環チクルスでライプツィヒ歌劇場の2020年カレンダーが開幕

AsiaNet 82291 (2598)

【ライプツィヒ(ドイツ)2019年12月30日PR Newswire=共同通信JBN】ライプツィヒ歌劇場は2020年1月15日から19日にかけてリヒャルト・ワーグナー作曲の「ニーベルングの指環」全曲を公演する。ライプツィヒ歌劇場の監督兼音楽監督のウルフ・シルマー氏はライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団とともに、4夜にわたりライプツィヒの4話構成の高名な作品を上演する。

2016年、ライプツィヒ歌劇場は約40年ぶりに指環全曲のチクルスを上演した。これは、2022年までにワーグナー作曲の13のオペラ作品すべてを同歌劇場のレパートリーに含めるという野心的なプロジェクトの始まりとなった。その後、「トリスタンとイゾルデ」「さまよえるオランダ人」「タンホイザー」が上演され、成功を収めた。3週間のフェスティバル(2022年6月20日から7月14日まで)で、ワーグナーの作品すべてが作曲順に上演される。ライプツィヒはワーグナーの故郷であり、これは一生に一度の経験になる。

1693年にまでさかのぼる伝統を誇るライプツィヒ歌劇場は、ハンブルク、ミラノに次いで欧州で3番目に古い歌劇場である。ライプツィヒ歌劇場はライプツィヒのクラシック音楽界を代表するライトハウス団体の1つであり、バッハ、シューマン、メンデルスゾーン、ワーグナーなどの偉大な作曲家を世に送り出してきた。これらの作曲家に敬意を表して、ライプツィヒ市はフェスティバルを毎年開催している。6月のバッハ・フェスティバル、9月のシューマン・ウィーク、11月のメンデルスゾーン・フェスティバルは訪問する絶好のチャンスである。

ゲヴァントハウス管弦楽団によるGrobe Concert(大コンサート)は1年を通じて、その高い音楽水準によって聴衆を魅了している。このオーケストラは世界トップクラスのオーケストラに数えられ、2021年のマーラー・フェスティバルに向けて徹底的に準備をしている。5月13日から24日まで、ロンドン交響楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団など、9つの招待された楽団がグスタフ・マーラーの交響曲とその他の管弦楽曲を演奏する。

http://www.leipzig.travel/wagner-en

▽報道関係問い合わせ先

Susi Wieschollek

s.wieschollek@ltm-leipzig.de

+49-341-7104-330

ソース:Leipzig Tourismus und Marketing GmbH

Richard Wagner's Ring Cycle to Open the Leipzig Opera Calendar 2020

PR82291

LEIPZIG, Germany, Dec. 30, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

From January 15 to 19 2020, Leipzig Opera will show the complete Ring cycle

from Richard Wagner. Together with the Gewandhausorchester Leipzig, intendant

and general music director of Leipzig Opera, Ulf Schirmer, will present the

famous son of Leipzig's tetralogy on four nights.

In 2016, Leipzig Opera staged the complete scenic Ring cycle for the first time

in over 40 years. This marked the beginning of an ambitious project: By 2022,

all of the 13 Wagner opera's shall be included in the house repertoire. Tristan

& Isolde, The Flying Dutchman and Tannhauser premiered successfully on stage

since then. During a three-week-festival (June 20 - July 14, 2022) all of

Wagner's works will be presented in chronological order. Leipzig being the

hometown of Wagner, this will be a once in a lifetime experience.

With a tradition dating back to 1693, Leipzig Opera is the third oldest music

stage in Europe after Hamburg and Milano. It is one of the lighthouse

institutions of Leipzig's classical music scene, which brought up masterminds

like Bach, Schumann, Mendelssohn and Wagner. In honor of them, the city of

Leipzig celebrates annual festivals. The Bach Festival in June, the Schumann

week in September or the Mendelssohn Festival in November are perfect occasions

to visit.

All year through, the Grobe Concerte (Grand Concerts) by the

Gewandhausorchester captivate the audience with their high musical standards.

The Orchestra, which ranks among the top orchestras worldwide, is currently

gearing up for an intensive Mahler Festival in 2021. From May 13 to 24, nine

guest ensembles, for example the London Symphony Orchestra, the Wiener

Philharmoniker and the Mahler Youth Orchestra, will perform Gustav Mahler's

symphonies and other orchestral works.

http://www.leipzig.travel/wagner-en

Press contact:

Susi Wieschollek

s.wieschollek@ltm-leipzig.de

+49-341-7104-330

SOURCE: Leipzig Tourismus und Marketing GmbH

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中