ハイアールがCES 2020でスマートホームの未来を明示

ハイアールスマートホーム(Haier Smart Home)

2020/1/9 16:10

ハイアールがCES 2020でスマートホームの未来を明示

AsiaNet 82448 (0051)

【ラスベガス2020年1月8日PR Newswire=共同通信JBN】中国最大の家電メーカー、ハイアールグループ(Haier Group)(600690:Shanghai)は、米ネバダ州ラスベガスで開かれているCES 2020のハイアールのブースに革命的なスマートホームが体験できるエコシステムを展示し、次世代の生活スタイルを明確に示した。ハイアールの未来へのビジョンは、同社の幅広いブランドで構成される40以上の製品によって支えられており、ユーザーのシナリオに基づいた無限のカスタム化を可能にする。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200108/2685669-1

(ハイアールがCES 2020でスマートホームの未来を明示)

スマートホームは今回のイベントの代表的なテーマであり、世界中の様々なブランドから最新の器具と製品が披露されている。多くの新製品群の中にあって、ハイアールはスマートホームへのユニークな取り組みと先駆的なエコシステムを展示して、抜きん出た存在となっている

ハイアールスマートホーム(Haier Smart Home)クリエーティブディレクター、フアン・チェン氏は「ハイアールは常に業界のリーダーになり、可能性の限界を押し広げようと努めてきた。幅広いブランド群の中から選ばれた最新のスマートホーム家電製品を一体化した当社のエコシステムは、より多くの家族にとってIoT技術に裏付けられた素晴らしい生活を楽しむことを可能にする」と語った。

この数年のスマートホームの動きは爆発的なものがあり、スマートホーム製品は家庭のほとんどあらゆる部屋向けに開発されてきた。ハイアールはこの機会を利用して、世界中の消費者に向け、新たなスマートホームのリアリティーを披露する。製品を単に開発するにとどまらず、ハイアールのエコシステムは、ユーザーがそれぞれのスマートホーム体験を自由にオーダーメイドすることを可能にする。

ハイアールのブースでは、ホログラムビデオが入場者を未来の姿に導くようになっている。そこではIoTが家庭内のすべての機器をつないでいる。また、ハイアールのスマーターライフ空間は、ハイアールのエコシステムが持つより幅広い機能性とデザインの可能性を示している。このシステムを使ってハイアールは、スマートクローゼットからスマートリビング、キッチンに至るまで、あらゆる部屋をいかにして消費者のニーズと予算に合致したカスム化を実現できるかを示している。

あるシナリオでは、セキュリティーの改善を望む住宅所有者はわずか数百ドルの予算でスマートセキュリティー用のカメラ、錠、センサーを設置することが可能だろう。一方で完璧なスマートホーム体験を望む人は、ハイアールのスマートホーム製品群を使って住宅の全ての部屋を設計することが可能だ。一例を挙げると、高齢者や障害者向けの住宅には、水道やガスを監視し、自動的にスイッチを止められるスマートキッチンや、車椅子を自動的に収納するスマートクローゼットなど、使いやすいシステムを設置することができる。

ハイアールのビジョンはまた、グリーンで健康的な生活もサポートする。ハイアールの未来のスマートキッチンでは、消費者はハイアールのPADを使って、食材の生産地や生産日付を確認し、レシピを見、旬の材料を選ぶことができる。

2019年に立ち上げられたハイアールスマートホームはこれまで世界で幅広い評価を得てきた。同社のエコステムは今日までに世界中の約2000万人のユーザー層に広がった。内訳は。1330万人がアジア、416万人が米国、140万人が欧州、100万人がオーストラリアである。ハイアールスマートホームは、グループの35周年年次総会で発表されたハイアールブランドのエコシステム戦略の第6世代の一部を構成している。

ソース:Haier Smart Home

画像添付リンク: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=355326

Haier Defines the Future of Smart Homes at CES 2020

PR82448

LAS VEGAS, Jan. 8, 2020 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Haier Group (600690:Shanghai), China's largest consumer electronics and home

appliance producer, ushered in next-generation living with its revolutionary smart

home experiences ecosystem at the CES 2020 Haier booth in Las Vegas, Nevada.

Haier's visionary look at the future draws upon more than 40 products across

Haier's portfolio of brands, allowing for infinite customization based on user scenarios.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200108/2685669-1

(Haier Defines the Future of Smart Homes at CES 2020)

Smart home is a leading topic during the event, with a variety of global brands showcasing

their latest appliances and products. Among the slew of new products, Haier stands out with

its unique approach to smart home living and its groundbreaking ecosystem.

"Haier has always strived to be the industry leader and push the boundaries of

possibility. Our ecosystem brings together cutting-edge smart home appliances

from our extensive brand portfolio, enabling more families to enjoy a good life

powered by IoT technology." said Huang Cheng, Creative Director of Haier Smart Home.

The smart home trend has exploded in recent years, and smart home products have

been developed for almost every room in the household. Haier, takes the opportunity

to showcase a new smart home reality for consumers around the world. Rather than

purely developing products, Haier's ecosystem allows users to tailor their personal smart

home experience freely.

At the Haier booth, a hologram video transported visitors to a vision of the future,

where IoT connects all devices in the home. Meanwhile, Haier's Smarter Life space

highlighted the extensive functionality and design possibilities of the Haier ecosystem.

Using the system, Haier demonstrated how each room could be customized to a consumer's

requirements and budget, from a Smart Closet to Smart Living Room or Kitchen.

In one scenario, homeowners seeking to improve security could install a smart

security camera, lock and sensor for as little as a few hundred dollars.

Meanwhile, those looking for a complete smart experience can design every

room in their home using products from Haier's smart home product portfolio.

For example, a home for the elderly and disabled can be fitted with an easy-to-use

Smart Kitchen that monitors and automatically turns off the water and gas, and

a Smart Closet that automatically stores wheelchairs.

The Haier vision also supports green and healthy living. In Haier's future

Smart Kitchen, consumers can use a Haier PAD to identify the origin and date of

ingredients, view recipes and select seasonal produce.

Established in 2019, Haier Smart Home has gained widespread popularity worldwide.

To date, its ecosystem boasts around 20 million users globally, of which 13.3 million are

in Asia, 4.16 million are in America, 1.4 million are in Europe and 1 million are in Australia.

Haier Smart Home is part of the sixth era of Haier Group's brand ecosystem strategy

announced during its 35th Anniversary Group Annual Meeting.

Source: Haier Smart Home

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=355326

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ハイアールがCES 2020でスマートホームの未来を明示

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中