東京・松屋銀座に首都圏百貨店初の常設店舗出店となる『くら吉松屋銀座店』が2月29日オープン!

令和2年2月29日(土)に松屋銀座地下1階和菓子売場内に『くら吉松屋銀座店』を出店します

くら吉

2020/2/3 10:30

和菓子の製造・販売を行っている、株式会社 ゆう幸(本社:秋田県秋田市、/社長:佐々木幸生)は、

2020年2月29日から秋田発高級菓子ブランド『くら吉松屋銀座店』を、東京・松屋銀座地下1階和菓子売場内にオープンいたします。

 

当社はこれまで、秋田県の高品質な素材を活用した菓子創りを行なってまいりました。なかでも仙北市赤倉栗園で栽培された『善兵衛栗(西明寺栗)』や上小阿仁村たじゅうろう農園で栽培された『コアニスイーツホオズキ』を生かした菓子は、首都圏などの百貨店市場を中心に、大切な方へのギフトや自分へのご褒美として特別なシーンでご利用いただいております。これまでに、くら吉角館本店、くら吉秋田ステーションビルトピコ店、くら吉西武秋田店の他、昨年3月には、仙台・藤崎百貨店内にくら吉仙台藤崎店を出店し、秋田県内外のお客様に『くら吉』の菓子をご提供してまいりました。

 

東京・松屋銀座におきまして、2016年の催事出店をはじめ数回の催事出店(1週間単位)や中元・歳暮ギフトカタログ掲載、長期催事出店(平成31年4月1日より令和元年9月1日)などで、くら吉の菓子をご紹介してまいりました。昨年の長期催事におきましては、「とても美味しいので、期間限定ショップではなく、常設で出店して欲しい」「以前秋田のお土産にもらってとてもおいしかった!今度は他の方におもたせにしたい」などの多数のお声をいただきました。また、手土産としていただいたお客様からも好評でリピーターのお客様も多数ご来店いただきました。お客様のご評価を受けまして令和2年2月29日に東京・松屋銀座地下1階和菓子売場内に常設店舗をオープンする運びとなりました。

 

『くら吉松屋銀座店』では、進物・お手土産品として人気の『マロンウィッチ』『ほおずきウィッチ』などの他、『くら吉松屋銀座店』限定商品でございます『マロングラッセウィッチ』『銀座はちみつウィッチ』、オープンに合わせまして新商品『マロンクリームどら焼き』をご用意し、お客様の様々なシーンに相応しい商品をご提案いたします。

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付ファイル

  • ジャンル
    料理・グルメ 小売業 食品
  • キーワード
    くら吉、秋田、松屋銀座、和菓子、洋菓子、スイーツ、マロンウィッチ、ほおずきウィッチ
このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中