Allegro DVT社が業界初の「VVC適合性テストストリーム」を発表

Allegro DVT

2020/2/4 16:08

Allegro DVT社が業界初の「VVC適合性テストストリーム」を発表

AsiaNet 82585

フランス グルノーブル、2020年1月21日

業界デファクトスタンダードのビデオコーデック適合性テストスイート及び半導体ビデオIPの大手プロバイダであるAllegro DVT社が、H.265/HEVCの先を行く次世代ビデオ圧縮技術Versatile Video Coding(VVC)規格の世界初となる適合性テストビットストリームをご紹介します。Allegro DVT社の適合性テストスイートファミリーに加わった新たな VVC テストビットストリーム (https://www.allegrodvt.com/products/compliance-streams/al-vvc-es/ )は、新しいビデオ圧縮規格の全てのシンタックスエレメントなどの包括的なカバレッジを検証するために提供されます。

Versatile Video Coding(VVC)は、ISO/IECムービング・ピクチャー・エクスパーツ・グループ(MPEG)と ITU-Tビデオ・コーディング・エキスパート・グループ(VCEG)のパートナーシップによるジョイント・ビデオ・エキスパート・チーム(JVET)が開発した最新ビデオ圧縮規格です。VVCコーデックは、解像度、ビットレート、レイテンシにおいて、モバイルフォン、VODブロードキャスト、OTT ストリーミング、ビデオ会議、スクリーンコンテンツ、360°スケーラブルコーディングといった全てのビデオアプリケーション、およびそれらの要件項目に多様に対応するよう構想されました。

Allegro DVT社 は、短期間で新VVCテストビットストリームを提供するために、マルチコーデックビデオ エレメンタリコンプライアンスストリームを生成するための独自のテクノロジーを活かしました。Allegro DVT社は、VVC規格の進化をサポートし続け、ニーズに応じてVVCテストビットストリームのアップデートを行います。

Allegro DVTは社、ベンチマーク実装における多くの問題を修正するアクティブコントリビュータとして、標準化段階の当初よりVVCテストビットストリームへの取り組みを開始しました。  Allegro DVT社は、早期の段階からこうした取り組みに関与しているため、お客様のVVC コーデックの国際標準化プロジェクトの正式認可に際し、VVC テストビットストリームを提供することが可能です。

Allegro DVT社CEOのNouar Hamzeは、次のように述べています。「弊社初のVVC テストビットストリームは、次世代ビデオ標準規格対応のスピードアップを促進する主要なステップです。新しい動画製品のバリデーションには、これまで以上に確固とした信頼性のあるテストスイートが求められているため、最新の動画圧縮標準規格の複雑さが増しています。今日の発表は、弊社の動画コンプライアンステストスイートと市場セグメントへのコミットメントにおけるリーダーシップ的ポジションをいま一度裏付けるものとなります。」

Allegro DVT社について

AllegroDVTは、H.264/AVC、H.265/HEVC、AVS2/AVS3、VP9 、AV1ならびにVVC ソリューションにおけるリーダー企業です。提供ソリューションには、業界規格のコンプライアンステストスイート、半導体ビデオエンコーダ、デコーダハードウェア (RTL)IPが含まれます。Allegro DVT社の製品は、100を超えるメジャーIC企業、OEM、放送局によって採用されています。

詳細については、Allegro DVT社Webサイト (https://www.allegrodvt.com/ )をご覧いただくか、info@allegrodvt.comまでご連絡ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中