2020 UCIトラック世界選手権 男子ケイリン・脇本雄太選手 銀メダル獲得!!

JKA

2020/2/28 14:30

2020年2月28日

公益財団法人 JKA

 2月27日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催されている2020UCIトラック世界選手権の男子ケイリンにおいて、脇本雄太選手(福井・94期)が銀メダルを獲得し、日本は東京五輪出場枠1を獲得した。脇本選手の日本代表選出も濃厚となった。(正式な日本代表選手の決定発表は4月上旬頃を予定。)

 UCIトラック世界選手権・男子ケイリン種目においては、2018年(オランダ・アペルドルーン大会)に河端朋之選手(岡山・95期)が銀メダル獲得、2019年(ポーランド・プルシュクフ大会)に新田祐大選手(福島・90期)が銀メダルを獲得しており、3年連続の銀メダル獲得となります。

 

脇本雄太選手のコメント

銀メダルを獲った喜びよりも悔しい気持ちの方が強いです。ラブレイセンが来た時に突っ張り切れなかったことが自分の実力の無さだと思います。彼を前には行かせたくありませんでした。まだ出場が決まったわけではありませんが、オリンピックに向けて新たな目標が一つ出来たと思います。

 

(男子ケイリン最終成績)

優勝:ハリー・ラブレイセン(オランダ)

2位:脇本雄太(日本)

3位:アジズルハスニ・アワン(マレーシア)

12位:新田祐大(日本)

13位:河端朋之(日本)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース