Transoft SolutionsのAutoTURN PROの最新リリースは自転車のスウェプトパス解析を盛り込む

Transoft Solutions

2020/3/6 11:12

製品スクリーンショット

 

AsiaNet 83163(0358)

 

 

【リッチモンド(カナダ・ブリティッシュコロンビア州)2020年3月6日PR Newswire=共同通信JBN】輸送工学設計ソフトウエアの開発会社Transoft Solutions Inc.は、新たな高機能を付加された製品スイートAutoTURN(TM)の最新バージョンのリリースを発表した。

 

都市計画者と技術者は、輸送プロジェクトを設計する際には長い間Transoft SolutionsのAutoTURNを頼りにしてきた。新しい開発プロジェクト、リハビリテーション計画、あるいは一時的な交通管制計画に使われるかどうかを問わず、AutoTURNソフトウエアは、その正確性と信頼性、ならびにユーザーに優しい機能性により、スウェプトパス(走行軌跡)解析のための標準ツールになっている。Transoft SolutionsのAutoTURN Proの最新リリースには、さまざまな自転車のスウェプトパスを解析する機能が含まれている。これは、技術者が自転車専用レーンと施設を含む輸送ネットワークを可視化して創り出す際に、当て推量と設計ミスを減らせることを意味する。

 

Transoft Solutionsのクリス・ミルン副社長(ソフトウエア開発担当)は「都市に対しては、交通渋滞を減らし、より持続可能となるため、安全な自転車・歩行者ネットワークを含む積極的な輸送イニシアチブを実行してほしいという大きな要求がある。当社は最新リリースで、輸送の専門家が車両と自転車の両方のための安全なインフラストラクチャーを設計する必要性を考慮に入れた」と語った。

 

業界をリードする車両スウェプトパス解析とターン(旋回)シミュレーションのソフトウエアであるAutoTURNとAutoTURN Proの新機能は以下の通り:

 

*自転車とスクーターの動きをシミュレーション:動きをシミュレーションし、プロジェクトが必要なターン(旋回)スペースを安全に確保できるようにするため、さまざまな自転車のタイプ(例えば、トレーラー付きのバイク、リカンベント自転車、スクーター)のライブラリーを利用する。

*利用可能なスペースに基づいて可能な運転経路を解決:特定のターンの最高許容速度を計算するため、Intellipathツールを使用することによって当て推量を減らす。

*3Dで地形や構築物との車両コンフリクトを検知:車両と地形または頭上障害物との潜在的コンフリクトを明らかにする。

*メーカーおよび標準車両の拡張ライブラリーにアクセス:フォークリフト、リムジン、建設用クレーン、消防車、タンクトレーラーなどのさまざまな新しい特殊メーカー車両によって設計をテストする。

*シミュレーションのインフォームドレビュー(情報に基づく再検討)を実施:速度、ステアリング、潜在的コンフリクトとの近接性などのさまざまなパラメーターをチェックすることによってシミュレーションを再検討する。

 

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200303/2736682-1

 

▽購入可能言語

AutoTURNとAutoTURN Pro 11は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語で購入可能である。

 

▽Transoft Solutionsについて

Transoft Solutionsは、航空、公共インフラストラクチャーおよび輸送の専門家向けに革新的で高度に専門的なソフトウエアを開発している。Transoftは1991年以来、輸送専門家が効果的かつ自信を持って作業できるような安全志向のソリューションに焦点を合わせている。同社の企画、シミュレーション、モデリングおよび設計の各ソリューションのポートフォリオは130カ国以上で使用され、地方・連邦機関、コンサルティング会社、空港当局、港湾にわたる5万以上の顧客に役立っている。同社はカナダの本社から、そしてスウェーデン、英国、オランダ、オーストラリア、ドイツ、インド、ベルギー、中国にある12のオフィスを通じ、最高級の顧客サポートを提供することを誇りとしている。Transoftの航空、土木設計、車両シミュレーションの各ソリューションに関する詳しい情報はtransoftsolutions.com を参照。

 

ソース:Transoft Solutions

 

添付画像リンク先:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=359335

(写真説明:製品スクリーンショット)

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

製品スクリーンショット

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中