サウジアラビアがCOVID-19対策に1000万米ドルを約束

サルマン国王人道援助救援センター(KSrelief)

2020/3/10 13:04

AsiaNet 83224(0385)

 

 

【リヤド(サウジアラビア)2020年3月10日PR Newswire=共同通信JBN】世界保健機関(WHO)の緊急要請に応え、2つの聖なるモスクの守護者サルマン・ビンアブドルアジズ・サウド国王の指示に従って、サウジアラビア王国は、COVID-19の拡散を最小限に抑制し、脆弱(ぜいじゃく)な保健インフラストラクチャーの国々を支援するのに必要なWHOの緊急行動への財政援助として1000万米ドルを拠出する。

 

サルマン国王人道援助救援センター(King Salman Humanitarian Aid and Relief Centre、KSrelief)の統括責任者であるアブドラ・ラビア博士は、この国王令は王国の崇高な人道的役割を反映し、助けを必要とする全ての人々に対する重要な国際援助提供へのコミットメントを再確認するものである、と述べた。博士は、KSreliefは公衆衛生と健康を保護するため国連機関や他の主要人道組織と協力して取り組んでいる、と付け加えた。

 

ラビア博士は、王国指導者のこの寛大な意思表示と危機に際して適時に世界中の人々を支援するサウジアラビアの継続的な人道的取り組みへの感謝を表明した。

 

統括責任者は最後に、人類が全ての疾患と伝染病の危険から保護され、世界中の人々が健康と平和と繁栄に満ちた未来を期待できるように希望し、祈ると述べた。

 

ソース:KSrelief

 

▽問い合わせ先

International Communication and Media Centre

media@ksrelief.org

WhatsApp: 00966 59 127 1130

 

これは、Qorvis CommunicationsがKing Salman Humanitarian Aid and Relief Centre(KSrelief)の代理として配信した。詳しい情報はDepartment of Justice, Washington, D.C.で入手できる。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中