シンガポールの「レザミ(Les Amis)」、「アジアのベストレストラン50 」で 2020年度「ジン・マーレ社 アート・オブ・ホスピタリティー賞」を受賞

Asia's 50 Best Restaurants 2020

2020/3/11 16:37

AsiaNet 83217

 

 

【シンガポール、2020年3月11日、PRNewswire】シンガポールの「レザミ」が、「アジアのベストレストラン50」で2020年度「ジン・マーレ社 アート・オブ・ホスピタリティー賞(Gin Mare Art of Hospitality Award)」を受賞しました。 この賞は「アジアのベストレストラン50」の投票権を持つアカデミーにより選定され、質の高いサービスと素晴らしいおもてなしを提供するレストランを称えるものです。

 

「アジアのベストレストラン50」のコンテンツ・ディレクターであるウィリアム・ドリュー氏(William Drew)は、「シンガポールの『レザミ』は1994年から続く高級レストランで、その接客には非の打ちどころがありません。また地域で最も秀逸なワインリストを所有していることでも知られています。」 とコメントしています。

 

同レストランでは最高級の接客を提供するために、フランス人エグゼクティブシェフであるセバスチャン・レピノイ氏(Sebastien Lepinoy)により、才能のあるスタッフをフランスを拠点にする生産者の元でのオン・ザ・ジョブ・トレーニングに派遣する、というプログラムが実施されています。これにより、例えば「チーズ・マスター」や「キャビア・マスター」のようにスタッフは特定の分野に特化することができ、レストラン全体として様々な分野の専門スタッフを配置することができるようになりました。

 

「レザミ」のシェフでありオペレーション・ディレクターであるレピノイ氏は、「私を含めたチーム全員が、『ジン・マーレ社 アート・オブ・ホスピタリティー賞』の受賞を大変嬉しく思っています。このような賞を頂けたこと、そして我々のレストランがシンガポールの誇りとなれたことを『アジアのベストレストラン50』の皆さんに感謝します。ファインダイニングのレストランでは、お一人お一人のお客様に特別な配慮やサービスをすることが素晴らしい料理を提供することと同じくらい大切で、他では味わえない体験をしていただくために不可欠となっています。これはチーム全体の協力なくしては達成出来ないことです。」と述べています。

 

「レザミ」はシンガポールのレストランとしては初めて、『ジン・マーレ社 アート・オブ・ホスピタリティー賞』を受賞します。

 

ジン・マーレのグローバルマーケティング責任者のホアキン・ヴィリャヌエバ氏(Joaquín Villanueva)は、「我々地中海の人間が得意とすることの一つが、ホスピタリティーです。だからこそ、ジン・マーレがこの賞を主催し、素晴らしい料理のみならず、他に類を見ない贅沢なひとときをお客様に提供している『レザミ』を称賛することを光栄に思います。ジン・マーレは、お客様の心に残る体験をお届けすることが、お客様との感情的な絆を作る唯一の方法だと信じています。」とコメントしています。

 

シェフのレピノイ氏は、サンペレグリノ&アクアパンナがスポンサーを務める第8回「アジアのベストレストラン50」のアワードセレモニーで正式に表彰されます。今年の授賞式はオンラインストリーミング配信形式で行われ、「アジアのベストレストラン50」のランキングはFacebookページまたはYouTubeチャンネル (https://www.youtube.com/user/worlds50best )で3月24日火曜日の午後5時(日本時間 香港/シンガポールは午後4時)でオンエアされます。ログインすることでカウントダウンを見ることもできます。 

 

写真: https://mma.prnewswire.com/media/1121317/Les_Amis_in_Singapore_Wins_Award.jpg

ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1085423/50_Best_Asia_Restaurants_Logo.jpg

 

お問合せ:

株式会社ルッソ

Eメール:asia50best@lusso.co.jp

電話:03-3740-1825

 

(日本語リリース:クライアント提供)

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中