中国の海南省IEDBがグローバル投資サービスホットラインを開設

Hainan Provincial Bureau of International Economic Development

2020/3/12 13:43

AsiaNet 83252 (0398)

 

 

【海口(中国)2020年3月11日新華社=共同通信JBN】自由貿易港の建設を開始し中国最大の自由貿易区となる海南にとって、2020年は始まりの年である。世界の投資家がHainan Free Trade Port(海南自由貿易港)と連絡を取るために必要な全てのチャンネルを開放し、世界の投資家により良く、より適合した便利なサービスを提供するため、Hainan Provincial Bureau of International Economic Development(海南国際経済発展局、IEDB)は世界の投資家向けにサービスホットライン4008-413-413を開設し、3月9日から試験運用が始まった。 

 

試験運用中、ホットラインは主に海南自由貿易港政策、産業投資機会、投資場所の選択、利益の上げ方、企業の政府助成金需給条件に関する質問に答える。ホットラインサービスは24時間提供される。カスタマーサービスは月曜から金曜の午前8:00-12:00と午後2:30-6:00(北京時間)に利用可能で、それ以外の時間はメッセージによる相談を受け付ける。試験運用期間中、ホットラインは中国語と英語でのサービスを提供し、今後はフランス語、日本語、ドイツ語を含むより多くの言語サービスが提供される見通しである。

 

ホットライン開設初日の午前8時から午後6時までの間に、シンガポール、米国、オランダなどの外国や、香港、北京などの都市から多数の投資家と機関から電話があった。Hainan International Economic Development Bureauのディレクターであるハン・シェンジエン氏は「世界の投資家は海南での新たなビジネス機会を求めており、このホットライン開設の目的は、疑問に答えてほしいという世界の投資家の要望に応えることだ」と述べた。

 

さらに、ハン・シェンジエン氏は、IEDはワンストップサービスプラットフォームを提供し、「コーポレートウエーター(企業サービス担当者)」制度を立ち上げ「1対1」の全プロセスサービスに責務を持つ専門員を充てる。彼らはまた、専門サービスを投資家に提供し、連携し、企業プロジェクトの実行において直面する困難を解決するために、他の部署、自治体および県の産業パークと協力する。同氏は「われわれは全ての投資家からの電話を心待ちにしており、あなた方を支援するための努力を惜しまない」と付け加えた。

 

ソース:Hainan Provincial Bureau of International Economic Development

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中