花王、2019年末時点での 国内購入電力の再生可能エネルギー比率50%を達成

花王

2020/4/16 11:00

2020年4月16日

花王株式会社

花王は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量の削減を積極的に進めており、グローバル全拠点の温室効果ガス排出量を2030年までに22%削減(2017年比)することを目標※1にしています。目標達成のための取り組みとして、自家消費用太陽光発電設備の導入と、購入電力の再生可能エネルギー化を推進してきました。

購入電力については、まずは2025年までに日本、そして2030年までにはグローバル全体において、すべてを再生可能エネルギーにすることを目標に掲げて取り組みを進めています。2019年末時点では購入電力の再生可能エネルギーの比率が、日本で50%、グローバル全体で31%に達しました※2。また、日本の4工場※3、欧州の全9工場※4、アメリカの1工場※5の計14工場において、購入電力の再生可能エネルギー比率100%を達成しています。

花王は今後も、温室効果ガス排出量削減の取り組みを積極的に推進していきます。

 

※1 Science Based Targetsイニシアチブの認証済み

※2 2018年12月末時点では日本が32%、グローバル全体では19%

※3 愛媛工場、川崎工場、豊橋工場、富士工場

※4 イギリスの1工場(ビショップスストードフォート)、スペインの6工場(サンティガバルベラ、オレッサ、モレ、ルビ、マドリッド、バレンシア)、ドイツの2工場(ダルムシュタット、エメリッヒ)

※5 シンシナティ

 

2019年7月から購入電力の再生エネルギー比率を100%とした豊橋工場(左)、富士工場(右)

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

2019年7月から購入電力の再生エネルギー比率を100%とした豊橋工場(左)、富士工場(右)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中