【ALBERT】新型コロナウイルス対策の一環として 全国自治体におけるチャットボット導入が加速

株式会社ALBERT

2020/4/17 08:38

2020年4月17日

【ALBERT】新型コロナウイルス対策の一環として

全国自治体におけるチャットボット導入が加速

~福岡県宮若市、兵庫県赤穂市等で取り組み~

株式会社 ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:松本壮志、以下 ALBERT)は、2020年3月6日より、新型コロナウイルス感染拡大に伴う住民対応の支援を目的として、AI・高性能チャットボット「スグレス」の自治体への無償提供を開始しています。2020年4月17日現在では、福岡県宮若市、兵庫県赤穂市を含む全国の自治体への提供が決定しており、今後も新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組む自治体等の支援を継続してまいります。

■背景

ALBERTは以前より、東京都渋谷区や熊本県に「スグレス」の提供を通じて、住民向け相談システムを構築しており、各自治体におけるAIチャットボットの普及を目的として、「子育てオープンデータ協議会」等にも参加し、2019年6月には自治体のAIチャットボット活用に必要となるFAQデータセット及びデータフォーマットの指針を報告書として公開しています。

また、2020年3月6日より、新型コロナウイルス感染拡大を受け、住民対応に日々取り組む自治体への支援を目的として、自治体への「スグレス」の無償提供を開始しています。

■提供内容

厚生労働省発表の「新型コロナウイルスに関するQ&A」※ を活用し、「スグレス」をカスタマイズして提供しています。これにより、導入時のQ&A作成作業を大幅に削減することができることに加え、運用開始後も、適宜、最新データを反映することが可能です。また各自治体固有のQ&Aを追加することもでき、それらの質疑応答データを再学習させることにより、チャットボットを通じて24時間いつでも高品質な回答をします。

※厚生労働省発表「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

※厚生労働省発表「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

■提供実績(2020年4月17日現在)

・福岡県宮若市 宮若市公式ホームページ https://www.city.miyawaka.lg.jp/

・兵庫県赤穂市 赤穂市公式LINE https://line.me/R/ti/p/%40596mnkyb

■提供概要

・対象団体 :全国の自治体

・対象用途 :新型コロナウイルスに関する問い合わせ対応など、緊急性が高く一時的な用途である場合

・利用可能なインターフェース :WebサイトまたはLINE公式アカウント

・申込受付期間 :2020年3月6日(金)から2020年5月29日(金)まで

・申込URL :https://www.albert2005.co.jp/sugures/contact/

※新型コロナウイルスの収束状況によって申込受付期間を変更する場合がございます。

※申込状況によっては申込を受け付けられない場合がございます。

※お申込後、当社担当者よりご連絡します。その後、「スグレス」の販売代理店である株式会社G-Placeが導入のサポートを担当いたします。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

福岡県宮若市 公式ホームページ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース