Venture Global Calcasieu Pass、最初のLNG貯蔵タンクの屋根上げ成功で新たなプロジェクト・マイルストーン

Venture Global LNG

2020/4/28 11:36

AsiaNet 83814 (0661)

 

【アーリントン(米バージニア州)2020年4月28日PR Newswire=共同通信JBN】Venture Global LNG, Inc.は、ルイジアナ州キャメロンパリッシュにある同社のCalcasieu Pass LNG輸出施設で最初のLNG貯蔵タンクの屋根上げに成功したことを発表した。この大きなプロジェクト・マイルストーンはスケジュール通りに完了し、プロジェクトの最終投資決定(FID)からわずか8カ月で実現した。

 

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1160041/Calcasieu_Pass.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/825434/VENTURE_GLOBAL_LNG_INC___Logo.jpg

 

180万ポンドのタンクのドームと組立部品は4月24日金曜日にエアレイジング(空気圧で持ち上げる工法)で取り付けられた。エアレイジングによって、屋根は外側壁と同時に建てることができるため、より良く安全なアクセスと建設工期の短縮が可能になる。McDermott International, Inc.の1部門であるCB&I Storage Tank Solutionsは、プロジェクトの20万立方メートルの二重タンクを建設中で、1962年以来1000を超す屋根のエアレイジングを行ってきた。タンクのドームは0.25psiの圧力を利用して2時間足らずで設置された。

 

Venture Globalはまた、輸出施設の沿岸部外壁(アクセス道路ゲートを含む)と堤防は現在完成し、用地を保護していると発表した。Weeks MarineとプロジェクトのEPC(設計・調達・建設など建設工事)コントラクターであるKiewitが協力し、このスコープを予定より3カ月前倒しで完了した。この用地は現在、完全に保護されており、焦点はプロジェクトのモジュラー設備の到着と設置に移る。最初のパイプラックモジュールは用地に到着して4月に無事に設置され、プロジェクトの720MWコンバインドサイクル・ガスタービン発電所用の設備は来月に到着し始める見通しである。

 

屋根上げが安全かつ成功裏に行われ、これらの他のマイルストーンが完了したことは、同社の実行と安全性への継続的なコミットメントを反映している。プロジェクトは現在、記録すべき事故はなく、470万労働時間以上を経過した。

 

▽Venture Global LNGについて

Venture Global LNGは、豊富な北米の天然ガス埋蔵地から供給される液化天然ガス(LNG)の長期、低コストの供給事業者であり、ルイジアナ州で年産5000万トンの生産施設を建設中、または開発中である。年産1000万トンのVenture Global Calcasieu Pass施設はカルカシュー水路とメキシコ湾が交わる地点に建設中である。年産2000万トンのVenture Global Plaquemines LNG施設は今年、建設が始まる予定で、ニューオーリンズ南方のミシシッピ川沿いに位置する。Venture Global LNGはPlaqueminesに隣接して年産2000万トンのVenture Global Delta LNG施設も開発中である。詳細はwww.venturegloballng.com を参照。

 

ソース:Venture Global LNG

 

▽問い合わせ先

Venture Global投資家問い合わせ先

Leah Woodward

+1 202-759-6746

lwoodward@vglng.com

 

Venture Globalメディア問い合わせ先

Jessica Wickett

+1 202-759-6739

jwickett@vglng.com

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中