新型コロナ対策 発熱外来・PCR検査室として 医療機関向けにトレーラーハウスのレンタル開始

新型コロナ対策 発熱外来・PCR検査室として 医療機関向けにトレーラーハウスのレンタル開始

 

 

現在も新型コロナウィルス感染症は流行を続け、感染は都市部だけでなく地方にも広がっています。これに伴い全国の医療機関にもその影響は広がり、院内感染リスクが依然として懸念されています。

 

トレーラーハウスデベロップメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:大原 邦彦 以下「当社」)では、新型コロナウィルス対策として4月1日より医療機関に対しトレーラーハウス15台を無償で貸出を行ないました。

 

多くの医療機関から要望を頂きましたが15台では足らず、お貸出し出来ない医療機関も数多く残してしまいました。

 

発熱外来の個別診察室で使用されている事がマスコミにも報道され、これからも出来るだけ協力したいと考えましたが、一企業として無償でのレンタルをこれ以上継続する事はできず、現在クラウドファンディングを利用した手続きを進めておりますが、承認までに時間が掛かる事が想定されます。

 

しかしながら、医療現場での2次感染防止は早急な課題であることから、全国のクリニック・病院など医療機関、または自治体向けに独立診察室・PCR検査用等の医療対策用のみ、実費でのレンタルを5月18日から開始致します。

 

現在、レンタル用トレーラーハウスを自社工場にて製造中です。レンタル料金は月額150,000円(税別)、

トレーラーハウスは12フィートコンテナサイズの車検付きトレーラーハウス『オフィスキューブ12』で、駐車場約1台分のスペースに設置可能なコンパクトなサイズです。

 

自動車であるトレーラーハウスは仮設プレハブ等と異なり建築確認が不要です。敷地内駐車場など屋外スペースに設置でき、一般外来患者と分離した新型コロナウィルスの個別診療スペースの確保が可能となります。

 

   

 

<製品概要>

外寸:全長4,860mm 全幅2,415mm 全高3,510mm

室内寸:長さ3,463mm 幅2,244mm 高さ2,200mm

エアコン:1台 分電盤:100V30A コンセント:4カ所(うちアース付1カ所)

出入口:片引き半自動ドア 窓:FIX 窓1カ所 鉄製3段階段(幅900mm)1台

※室内には什器等はありませんので、自由なレイアウトが可能です。

 

<費用(税別)>

レンタル: 150,000円/月(通常料金は250,000円/月)

※クリニック・病院などの医療機関、または自治体向けの特別価格となります。

※別途、運搬費・設置費・クリーニング費が必要です。

 

 

なお、購入を希望される場合には月額約60,000円(60回払)でのリースも行ないます。

 

トレーラーハウスを是非活用頂き、安全な医療体制の確保に少しでも役立てて頂きたいと願っております。

 

 

【参考:無償貸出を利用頂いている医療機関の一部】

栃木県小山市 おおき子供クリニック    http://www.ohkiclinic.com/

静岡県浜松市 浜松チルドレンクリニック  https://www.children-clinic.com/

愛知県蒲郡市 マイファミリークリニック  http://www.jin-i.com/

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中