包括的な小売電力市場メカニズムを世界で初めて開発

~システム制御理論に裏付けられた、多様な需要家のリアルタイム分散実装が可能に~

早稲田大学

2020/5/25 14:44

2020.05.25

早稲田大学

科学技術振興機構(JST)

本発表の詳細は、早稲田大学のホームページをご覧ください。

https://www.waseda.jp/top/news/69247

 

■発表のポイント

・配電系統の物理的制約を加味した小売電力市場の運用方策を国際的に模索中

・リアルタイムで最適な電力需給調整を実現する小売電力市場メカニズムの枠組みを開発

・日本の電力市場構築に対する技術的解決の理論的基礎として期待

 

■概要

早稲田大学理工学術院の和佐泰明(わさやすあき)講師および内田健康(うちだけんこう)名誉教授、米国マサチューセッツ工科大学のアヌラドハ・アナスワミ博士らの研究グループは、主に経済分野で取り組まれている市場メカニズムとシステム制御分野で開発された最新の分散最適制御の理論を電力分野に応用することで、各地点の電力状況や意思を反映しながらリアルタイムで最適な電力需給調整を実現する包括的な小売電力市場メカニズムの枠組みを世界で初めて開発しました。

現在、配電系統の物理的制約を加味した小売電力市場の運用方策が国際的に模索されています。今回の提案メカニズムは、米国の電力システムにも適用可能であることを明らかにしており、現在進行中の日本の電力市場構築に対する技術的解決の理論的な基礎となることが期待されます。

本研究成果は、2020年5月21日(米国太平洋標準時(夏時間))に米国電気電子学会誌「IEEE Transactions on Smart Grid」のオンライン版で公開されました。

 

【論文情報】

雑誌名:IEEE Transactions on Smart Grid

論文名:Towards a retail market for distribution grids

掲載URL:https://ieeexplore.ieee.org/document/9097922

DOI:10.1109/TSG.2020.2996565

 

【研究助成】

研究費名:JST戦略的創造研究推進事業 (CREST)

研究課題名:エネルギー需給システム構築のための経済モデルと物理モデルの融合に基づく設計理論及び実証・実装・提言

研究代表者名(所属機関名):内田健康(早稲田大学)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中