ファーウェイ、Interop Tokyo 2020で5つのグランプリを含め8部門で受賞

ファーウェイ(Huawei)

2020/6/10 15:45

 

ファーウェイ、Interop Tokyo 2020で

5つのグランプリを含め8部門で受賞

 

 

AsiaNet 84276

 

ファーウェイ、Interop Tokyo 2020 5つのグランプリを含め8部門で受賞

 

東京、2020年6月9日/PRニュースワイヤー/ --

 

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、経済や産業にかつて経験したことのない変化が起きていますが、ICT産業の急速な発展を止めることはできません。華為技術日本株式会社(ファーウェイ)は6月4日に発表された日本国内最大級のICTイベント「Interop Tokyo 2020」の優れた製品を表彰する「Best of Show Award」において8部門で受賞しました。「Best of Show Award」は、ICT業界の有識者によって編成される審査委員会が厳正に審査し、優れた製品・ソリューションにグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞を授与するものです。

 

ファーウェイ受賞の一覧

 

OptiXtrans OSN9800 M12   ネットワークインフラ部門 グランプリ

受賞理由:業界初のSuper C-Band ROADM、20年間使用されてきた従来のEDFA限界を突破

 

CloudEngine 16800データセンタースイッチ  クラウドインフラ部門 グランプリ

受賞理由: AI時代向けのデータセンタースイッチ。業界最高密度の400GEラインカードと内蔵式のAIチップによる、大容量、省エネを実現。データビットあたりの消費電力を26%削減

 

OceanStor Dorado 8000/18000 V6  サーバー&ストレージ部門 グランプリ

受賞理由:圧倒的な性能と安定した低遅延性能に加え、AI プロセッサ・プラグインによる I/O 処理の自己最適化機能に対応したオールフラッシュストレージである。

 

・ エッジコンピューティングゲートウェイAR502H  IoT部門 グランプリ

受賞理由: 産業用エッジインテリジェントゲートウェイAR502Hセット。 様々な産業シナリオを柔軟な適応できる

 

eMIMO モバイルエッジコンピューティング向けインフラソリューション ファシリティ部門 グランプリ

受賞理由:5Gエッジコンピューティングはマルチアクセス、高度な計算能力を求めている。容易かつオンデマンドな設置展開、業界最高なエネルギー密度、高信頼性な電源製品である。

 

Atlas 900 AIコンピューティングクラスター AI部門 準グランプリ

受賞理由:ファーウェイAtlas 900、AIコンピューティングクラスターの最高峰

 

・5G AR NetEngine AR6000 エンタープライズIT部門審査員特別賞

受賞理由:業界初の5Gエンタープライズルーター。最高の5Gアップリンクと3倍の業界パフォーマンスを提供。革新的なビデオ最適化手法とA機能を内蔵し、最高のユーザー体験を実現

 

OptiXtrans DC908  ネットワークインフラ部門 審査員特別賞

受賞理由:業界をリードした単一ファイバーで広帯域88Tを収容する最高集積度のDCI向けWDM機器

 

 ファーウェイのInterop Tokyoにおける受賞はこれで8年連続となります。この度の受賞は、当社の長きにわたる研究開発とイノベーションへの投資と品質向上の取り組みが、日本でも高く評価いただいていることを示しています。企業を取り巻く事業環境が大きく変わる中、お客様と業界から認められていることは当社が引き続き邁進していく原動力となっています。今後も研究開発への継続的な投資、重要技術における研鑽を重ねることにより、日本のお客様により高い競争力を持つ、差別化されたICT製品とソリューションの提供に全力を尽くしてまいりたいと存じます。

 

 本年度のInterop Tokyoは、新型コロナウイルス感染の蔓延の影響により、オンライン開催となりましたが、ICT優秀製品の選考は予定通り4月13日から6月30日にかけて行われました。オンラインイベントではICT業界最先端のテクノロジー成果や応用事例、AIからIoT、エッジコンピューティング、産業インターネットに至るまで多くの分野の優れたソリューションが披露され、世界に新たな活力と希望をもたらしています。

 

 当社はこの度、パートナー各社と「オープンとwin-winな協業」の理念のもとに、14の製品とソリューションを中心に、新しいエコシステムとユースケースを披露し、ICT分野におけるデジタル化とインテリジェント化を推進する当社の役割を示しました。当社はこれまでに世界で700以上の都市と228のグローバル企業(うち58社はフォーチュン・グローバル100企業)のデジタルトランスフォーメーションパートナーに選ばれています。こうした取り組みと実績、および新しいICT技術とエコシステムへの継続な投資とグローバルサービスで培ったノウハウと経験は、ますます多くのリーディングカンパニーから評価され、信頼されています。

 

Interop Tokyo

Interop Tokyoは、ネットワークコンピューティング業界のビッグイベントとして知られており、日本最大級かつ最も影響力のあるICT展示会です。大会の一大イベントとして「Best of Show Award」の選考は、毎年、権威あるICT業界の有識者によって編成される審査委員会が審査し、各社からエントリーされる数百の選りすぐりの製品とソリューションから、最も革新的技術、実用化価値の高い製品とソリューションを決定します。

 

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200605/2822473-1-a

 

画像添付リンク

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=364822

(キャプション:ファーウェイ、Interop Tokyo 2020で5つのグランプリを含め8部門で受賞)

 

 

(日本語リリース:クライアント提供)



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ファーウェイ、Interop Tokyo 2020で5つのグランプリを含め8部門で受賞

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中