トレーラーハウスデベロップメント、第二工場を栃木県栃木市に建設

急増する事業用トレーラーハウスの需要に対応 増産体制にむけて

トレーラーハウスデベロップメント、第二工場を栃木県栃木市に建設 ~急増する事業用トレーラーハウスの需要に対応 増産体制にむけて~

 

 

トレーラーハウスデベロップメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大原 邦彦 以下、当社)は、栃木県栃木市にある千塚産業団地内に第二工場の建設を決定しました。同工場は、事業用トレーラーハウス及びシャーシの製造工場として2021年春の稼働を予定しています。

 

当社は事業用トレーラーハウスを製造しており、事務所・店舗・宿泊施設・トイレ・喫煙所・診療所など様々に活用されています。当社製品の特長は「車検付トレーラーハウス」であり、明確に自動車として区分され建築確認申請が不要です。その便利さから社会的認知度も向上しており、当社事業も順調に拡大しています。

 

今後も、災害時の避難所や新型コロナウィルス対策の屋外診療室など、一定期間の利用を前提とした各種施設のインフラとして需要に応えるため、大和リース株式会社の設計施工で第二工場を建設します。

 

新たに建設する第二工場には、主力製品であるトレーラーハウス及び専用シャーシの製造に加えて、環境に配慮した塗装専用ブース、専用テスターを備えた自動車整備ブースを新設します。これにより新製品の研究開発も促進されると共に、更に安全性の高いトレーラーハウスの製造を実現していき、安定的な生産体制を構築してまいります。

 

 

【新工場の概要】

所在地:栃木県栃木市千塚町1724 千塚産業団地内

敷地面積:約5,200㎡

延床面積:約1,380㎡ 鉄骨造

竣工予定:2021年3月

総工費:3億5,000万円

 

 

【トレーラーハウスについて】

トレーラーハウスは「車両を利用した工作物」として定義される、被けん引自動車です。建築確認申請が不要ですので、必要な時に必要な場所へ一定期間設置出来るのが特徴です。当社はナンバープレートの付いた「車検付トレーラーハウス」を栃木市内の自社工場にて製造しており、全国各地において幅広い用途で利用されています。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中