最も狙われているオンラインエンターテイメント作品のトップ10を発表

マカフィー

2020/6/24 11:30

2020年6月24日

マカフィー株式会社

マカフィー、最も狙われている

オンラインエンターテイメント作品のトップ10を発表

人気のTVシリーズや映画の無料コンテンツへの探求が

一般ユーザーを危険にさらしていることが明らかに

<ニュースハイライト>

・「子供向け映画」が最も狙われる危険性の高い映画の半数近くを占める

・オリジナル番組を無料で簡単に視聴しようと検索する人が多数

デバイスからクラウドまでを保護するサイバーセキュリティ企業である

米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は、

全米に施行された自宅待機命令(stay-at-home orders)により

オンライン動画の視聴が増加したことを受け、米国の一般ユーザーが

オンラインエンターテイメントのコンテンツを視聴するために

Webを閲覧する際のリスクについて調査しました。

中でも、現在人気のあるコンテンツへの無料でのアクセス試行に注目しました。

マカフィーのコンシューマーエンドポイント事業部バイスプレジデントである

ベーカー・ナンドゥル(Baker Nanduru)は、次のように述べています。

「ロックダウン期間中にオンラインで楽しむ一般ユーザーが急速に

増えたことで、サイバー犯罪にとって格好の状況を作り出してしまいました。

サイバー犯罪者が、消費者の動向や行動に合わせて「なりすまし」の

戦略を練るのは、過去の例から見ても明らかです。

インターネットに接続している間は常に注意し、

マルウェアをインストールしたり、個人情報やパスワードを

盗取する可能性のある悪質なWebサイトを避けることが肝心です。」

マカフィーは、現在、大手ストリーミングプロバイダーにより提供されている

100以上の話題のエンターテイメント作品を分析し、テレビ番組と映画作品の

「Web検索リスク トップ10」を特定しました。

マカフィーウェブアドバイザープラットフォームで特定された

Web検索リスク(高 → 低リスク)ランキングでは、

『ブルックリン・ナイン-ナイン』『WARRIOR  孤独なファイター』

それぞれのカテゴリでトップとなっています。

<Web検索リスク トップ10:テレビ - 米国>

1.ブルックリン・ナイン-ナイン

2.エリート

3.Harlots/ハーロッツ 快楽の代償

4.レターケニー

5.風の勇士  ポルダーク

6.Lost

7.YOU -君がすべて-

8.Gentefied/ヘンテファイド

9.PEN15

10.スキンズ

<Web検索リスクトップ10:映画 - 米国>

1.WARRIOR 孤独なファイター

2.ゾンビランド

3.Mr.インクレディブル

4.俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-

5.バッドボーイズ

6.アラジン (2019)

7.ライオン・キング (1994)

8.スウィンガーズ

9.アナと雪の女王2

10.インビテーション/不吉な招待状

・最も狙われている映画ジャンル - 子供向け映画:

学校が休校となり、保護者が仕事と育児の両立を図るなかで、

サイバー犯罪の標的となる危険性の高い10作品のうち、

4作品が子供向け映画であるという現状は驚くことではないかもしれません。

サイバー犯罪者は、学校閉鎖などの社会動向の変化に常に適応しています。

保護者は子供が視聴するコンテンツをオンライン検索する際、

より一層の注意を払う必要があります。

・最も狙われているTV番組 - オリジナル番組:

疑わしいWeb検索結果と最も関連のあるTV番組トップ10作品のうち、

半分は動画配信サービス会社制作のオリジナル番組でした。

定額制動画配信業界における競争の激化により、

動画配信サービス会社は新規顧客を獲得し、維持するため、

オリジナル番組の制作にますます投資しています。

この調査結果から、独占配信されている人気の高いオリジナル番組を、

未契約の視聴者が無料で視聴しようと検索している

可能性があることが見えてきます。

<オンラインで安全に楽しむために>

・クリックは慎重に:

『YOU -君がすべて-』のシーズン2を見逃したユーザーや

『Mr.インクレディブル』をもう一度観たいユーザーは、十分注意して、

信頼できる配信サービスのコンテンツに直接アクセスし、視聴しましょう。

マルウェアが埋め込まれている可能性のあるWebサイトから「無料」版を

ダウンロードするのではなく、コンテンツを提供する動画配信サービスと

契約するか、iTunesやAmazonなどから映画をダウンロードして

視聴する方法が最も安全です。

・違法の動画配信サイトを利用しない:

違法の動画配信サイトの多くは、

海賊版の動画ファイルを装ったマルウェアでいっぱいです。

大切なデバイスを守るため、信頼できるサイトから番組を

ストリーミングしてください。

・セキュリティ対策製品の利用:

マカフィーリブセーフ」などの総合セキュリティ対策製品で、

脅威対策を行いましょう。セキュリティ対策製品は、マルウェアや

フィッシング攻撃などの脅威からユーザーを守ります。

悪意あるWebサイトをユーザーに通知する

マカフィー ウェブアドバイザー」もご利用ください。

・ペアレンタルコントロールを活用:

ITに慣れている子供たちなら、自分自身で映画を検索する可能性があります。

子供たちのデバイスには必ず制限をかけるようにし、ソフトウェアを

活用し、悪意ある不適切なWebサイトとの接触を最小限に留めましょう。

・詳細情報:

調査についての詳細は、以下をご覧ください。

ベーカー・ナンドゥル (Baker Nanduru)のブログ

・調査方法:

米国で発行されているさまざまな「ランキング」記事を参考にして、

米国の動画配信サイトで視聴可能な最も人気のあるTV番組、映画作品を

抽出するとともに、エンタメ作品のWeb検索結果を分析しました。

これらエンタメ作品と関連のある危険性の高いWebサイト数を参照し、

「最も狙われている」としています。

今年は、次の用語を検索に用いました。

・無料ダウンロード

・無料ログイン

・無料

・トレント(Torrent)

・海賊版ダウンロード

検索結果のドメインとURLは、「マカフィー ウェブアドバイザー」の

データに基づき、リスク「高」、「中」、「不明」の3つに分類しています。

また、URLは、危険度に応じて設定した-127から+127の間のスコアで評価され、

スコアが高いほどWebサイトの危険度が高いことを意味しています。

・スコアの算出には、以下の数式を使用しています。

 危険度=1x(危険度・高)+0.5x(危険度・中)+0.125x(危険度・不明)

■マカフィーについて

マカフィーはデバイスからクラウドまでを保護する

サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を

越えて共に力を合わせることで実現するより安全な世界を目指し、

マカフィーは企業、そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。

詳細は https://www.mcafee.com/ja-jp/ をご覧ください。

* McAfee、マカフィー、McAfeeのロゴは、米国およびその他の国における

 米国法人 McAfee, LLCまたはその関連会社の商標又は登録商標です。

* その他の会社名、製品名やブランドは、該当各社の商標又は登録商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中