新都が新国際協力形式の日本向け「機会リスト」を初めて発表

2020年新都中日オンライン投資貿易推奨会

2020/6/29 16:13

AsiaNet 84575 (1027)

 

 

【成都(中国)2020年6月29日PR Newswire=共同通信JBN】中国共産党新都地区委員会と新都地区人民政府が主催する「2020年新都中日オンライン投資貿易推奨会(2020 Xindu China-Japan Online Investment and Trade Promotion Fair)」が、6月28日開催された。推奨会では、中国と日本の50社以上の機関や企業がテレビ会議やオンライン契約などの活動を通して、医療ヘルスケアや文化改革交流、新消費シナリオ、レジャー観光、スマート物流の協力を巡って、徹底した対話と交流を行った。

 

推奨会で新都は、「都市建設と最新サービス産業における新都中日協力(成都)機会リスト(Xindu China-Japan Cooperation (Chengdu) List of Opportunities In the Urban Construction and Modern Service Industry)」を初めて発表した。協力需要と供給および実証プロジェクトの3分野にわたる27プロジェクトが対象で、世界的な技術革新リソースの蓄積と統合の促進、さらには新都での中日協力の技術・プロジェクトの育成と実行を後押しする狙いがある。新都商業局と日本の有名なMiraiは戦略的協力協定にオンラインで調印した。医療ケアやヘルスケア、教育、ツーリズム、デザイン、文化、ケータリング、不動産、農業などの分野で日本の優れたリソースを取り込み、日本企業による新都への投資とビジネスをうながすためだ。

 

新都地区は将来、現代貿易や文化ツーリズム、ヘルスケア、最新物流、伝統中国医学、食文化、創造産業で相互に利益となる中日経済・貿易協力をさらに広げていく。日本の専門的なサービス企業や、国際貿易・対外eコマース企業、第1号店、食品ブランド、ライフスタイルサービスブランドを紹介し、総部経済を力強く成長させ、文化と音楽、ツーリズム、eスポーツを一体化し、スマート医療ケア・ヘルスケア、医療ツーリズムなど新産業と新業態を育み、導入していく。新都地区は日本のトップ消費者ブランドと地元専門ブランドの導入を強化し、第1号店、有名店、特別店の経済を育てる。日本の不動産業者や旅行会社と協力し、Nibatuo公園やリバーサイド・グリーンウエーといった環境資源の価値を掘り起こし、「パーク・プラス・ビジネス」の新消費シナリオを創造する。インターネットで人気のあるTianfu FeitengタウンやJianfengスポーツパークなどのその他の名所を生かし、ケータリングとファッションショッピング、環境レクレーション、夕方の宴席、ナイトツアーを組み合わせた日本風の集いの場所を創造していく。

 

ソース:2020 Xindu China-Japan Online Investment and Trade Promotion Fair

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中