ドコモオープンイノベーションクラウド 「クラウドダイレクト」サービスを提供開始

~国内初の5GによるMECへの閉域接続サービスで5Gソリューションを利用可能~

NTTドコモ

2020/6/30 16:15

2020年6月30日

株式会社NTTドコモ

 

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモのネットワーク網と接続したクラウドコンピューティング設備(以下、クラウド基盤)を用いたサービスである「ドコモオープンイノベーションクラウド®」のオプションサービスとして、接続端末とクラウド基盤を直結して通信経路を最適化することで、5Gによる低遅延※1・高セキュリティ通信を実現する「クラウドダイレクト™」サービス(以下、本サービス)を、東京、大阪、神奈川、大分の4拠点で2020年6月30日(火)より提供開始いたします。初期費用は1接続30,000円(税抜)、月額利用料は1接続35,000円(税抜)※2でご利用いただけます。

 

 「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、ドコモ網内の設備にクラウド基盤を構築することで、5G時代に求められる低遅延・高セキュリティ通信を実現するMEC (Multi-access Edge Computing)※3を活用したソリューションが利用できるクラウドサービスです。

 

 本サービスをご利用いただくと、お客さまの5G通信端末とクラウド基盤間の通信経路を最適化することで、本クラウド基盤のもつMECの特長を最大限に活用いただくことが可能になります。また、クラウド基盤とドコモのネットワーク網をダイレクトに接続し、インターネットから分離された閉域通信を実現することで、高セキュリティな通信環境下でクラウドサービスをご利用いただくことが可能になります。

 さらに、複数のクラウド基盤拠点の中から、5G通信端末の接続先の拠点を柔軟に変更することができる「ネットワーク・オン・デマンド機能」により、お客さまの位置と物理的に距離が近い拠点に接続することができ、さらに低遅延な5G通信が可能になります。

 

 

 本サービスの提供により、AIを活用した「ドコモ画像認識プラットフォーム」※4を使ったソリューションや、ドコモがワンストップで提供する4つの5Gソリューションなどが本サービスに対応します。本サービスをご利用いただくことで、映像伝送や遠隔操作などの大容量データ通信のさらなる低遅延化を実現するとともに、画像やドキュメント、デザインなど秘匿性の高いデータのセキュリティを確保することが可能になります。本サービスに対応するソリューションは順次拡大してまいります。

 

 ドコモは、「オープンイノベーションクラウド」を通じて、パートナーとの協創による5Gソリューションの活用をさらに加速し、5G時代の新たな価値創造と社会課題解決に向けた取り組みを推進してまいります。

 

 詳細は別紙をご覧ください。

 

 

※1 無線区間や有線区間の各種条件により遅延時間は変動するため、ネットワークの伝送遅延が必ず一定以下になるといった保証をするものではありません。

※2 5Gデータ通信端末の購入費用が別途かかります。また、別途「クラウドダイレクト」用の専用の5G回線のご契約が必要です。専用の5G回線の料金の詳細については、全国のドコモ法人営業担当者、または「ドコモのホームページ 法人のお客さま」 お問合せページよりお問合せください。

※3 MECとは、移動通信網において、お客さまにより近い位置にサーバーやストレージを配備する仕組みです。

※4 画像認識技術の一部は、NTTグループのAI「corevo®」を構成する技術です。

* 「corevo」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/

* 「ドコモオープンイノベーションクラウド」およびロゴは、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。

* 「クラウドダイレクト」は、株式会社NTTドコモの商標です。

 

 

 

 

 

別紙1

 

「クラウドダイレクト」サービス概要

 

1.特長

(1)ネットワークの伝送遅延の低減を実現

 ・5G通信端末とクラウド基盤間の通信経路を最適化して“伝送遅延の低減”を実現します。

 

(2)セキュリティの高い通信を実現する閉域アクセス

 ・ドコモのネットワークとクラウドをダイレクトにつなぐため、インターネットなど他ネットワークからのアクセスを防止できます。

 ・あらかじめドコモ網に登録した回線以外からの接続は制限されるため安心してご利用いただけます。

 

(3)モバイル回線の接続先を変更できる「ネットワーク・オン・デマンド」

 ・クラウドダイレクトの管理機能として、モバイル回線の接続先クラウド拠点をユーザ自身が柔軟に変更できる “ネットワーク・オン・デマンド”機能 を提供します。

 ・接続端末の位置に近いクラウド拠点を接続先に選択いただくことで、さらなる”伝送遅延の低減”が期待できます。


2.提供開始日

 2020年6月30日(火)

    

3.提供拠点

 東京、大阪、神奈川、大分の全国4拠点

 

4.料金(税抜)

 ・初期費用:30,000円 / 1接続

 ・月額利用料:35,000円 / 1接続

 

※5Gデータ通信端末の購入費用が別途かかります。

※「クラウドダイレクト」のご利用には別途「クラウドダイレクト」用の専用の5G回線のご契約が必要です。

専用の5G回線の料金の詳細については、全国のドコモ法人営業担当者、または「ドコモのホームページ 法人のお客さま」 お問合せページよりお問合せください。

 

 料金の詳細については、ドコモのコーポレートサイトに掲載している料金表をご確認ください。

  https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/doic/

 

5.申し込み方法

 ・全国のドコモ法人営業担当者

 ・「ドコモのホームページ 法人のお客さま」 お問合せページ

  https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

 

6.サービスホームページ

  https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/doic/

 

 

 

 

別紙2

 

 

「クラウドダイレクト」対応5Gソリューション

 

 以下の5Gソリューションはクラウドダイレクトに対応しており、より低遅延・高セキュリティな環境でご利用いただくことが可能です。クラウドダイレクトに対応するソリューションは今後順次拡大してまいります。

 

  <パートナーとドコモの商材を組み合わせてワンストップでドコモが提供するソリューション>

 

ソリューション名 概要 パートナー 企業 提供 開始日

製造機器一括分析

ソリューション

「FAAP™」

工場内の機器から得られる現場データをクラウド上でリアルタイムに収集・AI分析・フィードバックし、故障予知や画像検品自動化による生産性改善を実現

ブレインズ テクノロジー 株式会社/
株式会社
シナプス イノベーション
2020年 6月30日 (火)

遠隔作業支援ソリューション 「AceReal® for docomo」

ARスマートグラス、業務支援アプリケーション、サポートサービス、「クラウドダイレクト™」をワンストップで提供し遠隔からの作業支援を実施

サン電子 株式会社 2020年 7月中旬
以降

遠隔共同制作ソリューション 「Virtual Design Atelier™」

VRゴーグルとVRコントローラを用いて、 3Dデザインの共有や共同制作を遠隔拠点間で実現

株式会社 ワコム 2020年 6月30日 (火)

点群データ活用

ソリューション

「Field Simulator™」

現場をスキャンして取得した大容量の点群データをクラウドで自動的に合成。また、設備の配置・搬入出ルートの検討、遠隔計測など多様なシミュレーションを実現

株式会社 エリジオン 2020年 6月30日 (火)

 

  <パートナーと提供合意ができているソリューション>

 

ソリューション名 概要 パートナー 企業 提供 開始日

超短遅延ライブ中継機
「Smart-telecaster Zao-SH」

Glass to Glass の遅延時間が35ミリ秒のライブ中継ソリューション

株式会社 ソリトン システムズ 2020年 6月30日 (火)

「ストリームウェイズ」

誰でも簡単に安定した2K/4K映像伝送および映像の切り替えや分配ができるサービス(映像伝送パッケージのレンタルサービスも提供)

NTT テクノクロス 株式会社 2020年 3月25日 (水)※1

 

各ソリューションの詳細については、各ソリューションのホームページをご覧ください。

 

 

※1  2020年6月30日からクラウドダイレクトに対応

*  「FAAP」、「クラウドダイレクト」、「Virtual Design Atelier」、「Field Simulator」は、株式会社NTTドコモの商標です。

*  「AceReal」は、サン電子株式会社の登録商標です。

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース