メルクが上海に同社最大のM Lab(TM)コラボレーションセンターを開設

メルク(Merck)

2020/7/10 14:04

AsiaNet 84680 (1081)

 

 

【ダルムシュタット(ドイツ)2020年7月10日PR Newswire=共同通信JBN】

*医薬品の発見、開発、製造の改善と最適化に注力

*カスタマイズ可能なソリューション、検証サービス、研究、実地利用機能を備えた総合ラボ

*上海センターは、メルクの9つのM Lab(TM)コラボレーションセンターのグローバルネットワークに加わった最新かつ最大のセンター

 

大手科学・技術企業、メルク(Merck)は、世界に9つある同社のセンターの中で最大となるM Lab(TM)コラボレーションセンターを上海に開設した。

 

Photo - https: //mma.prnewswire.com/media/1200596/MilliporeSigma_M_Lab_Shanghai.jpg

 

メルクのUdit Batra取締役兼ライフサイエンス事業部門最高経営責任者(CEO)は「アジアの製薬業界が活況を呈し、新規薬物治療の重要性が高まる中、中国では細胞および遺伝子治療を含む最先端の治療法への研究・開発が増えている。当社のM Lab(TM)コラボレーションセンターは、バイオ製薬および生物製剤企業が医薬品の発見から開発、製造までのプロセスを改善し、コストを削減して市場投入までの時間を短縮するのに役立つカスタマイズ可能なソリューションとサービスを提供する」と語った。

 

ラボの総面積が約1万平米のメルクの最新のM Lab(TM)コラボレーションセンターは、上海の生物医科学と研究コミュニティーの中心、浦東にある。

 

上海の新しいM Lab(TM)コラボレーションセンターは、中国のライフサイエンスコミュニティーに合ったカスタマイズ可能なソリューションを提供し、医薬品開発の促進を支援する。これには、製薬会社やバイオ医薬品メーカーがアイデアを掘り下げ、革新的な技術を学び、同社の科学者やエンジニアとの共同作業で重要なプロセス開発や生産課題を解決することができる、非GMP(適正製造規範)ラボスペースを提供するパイロットスケール・プロセス開発支援ラボが含まれている。顧客は、製品のデモ、実地研修、正式なバイオプロセス教育コースや実験に参加できるだけでなく、ベストプラクティスや新たなアプローチを採用したプロセスの開発、最適化、スケールアップやグローバルな技術移転の簡素化もできる。

 

顧客は、以下のメルク提供サービスも利用できる。

 

*ラボ管理ソフトウエア:このデジタルプラットフォームは、ワークフローを自動化し、ラボ機器をクラウド経由で接続することにより、科学者が効率とプロセスを改善するのに役立つ。このソフトウエアは研究情報を一元化し、研究者を手作業によるデータの転送や文書化から解放、生産性を高め、コストのかかるエラーの回避を可能にする。

 

*カスタマイズされた細胞培養基質施設:この施設はバイオ医薬品の生産に使用され、非GMPパイロット生産に使用される細胞培養基質を開発する。

 

*固形製剤施設:この施設は、錠剤/カプセル/粉末状の薬物に高品質の添加剤と医薬品有効成分が含まれていることを確認するのに役立つ。この施設は、中国および世界中の顧客をサポートする。

 

さらにこのセンターには、中国およびアジア太平洋の顧客に医薬品受託製造開発機関サービスを提供する新しいBioReliance(R)エンドツーエンドソリューションGMP製造施設もある。

 

メルクは、製薬およびバイオ医薬品業界の大手イノベーターとして、中国がイノベーション主導型経済に変貌を遂げるに当たり積極的役割を果たすことを約束している。この新たなセンターを通じて、メルクは国内および域内の顧客と協力して医薬品の品質と安全性を高め、研修と知識移転の場を提供する。

 

メルクの全ニュースリリースは、メルクのウェブサイトで公開されると同時に、電子メールで配布される。オンラインでの登録、サービスの選択変更または中止は、www.merckgroup.com/subscribe まで。

 

▽メルクについて

メルク(Merck)は、医療、ライフサイエンス、高機能素材分野で事業展開している大手科学・技術企業である。約5万6000人の従業員が、より楽しく持続可能な暮らし方を生み出すことで、多くの人々の生活に日々、プラスの変化をもたらすため努力している。遺伝子編集技術の推進や、最も困難な疾患を治療するための独自の方法の発見から、インテリジェントなデバイスの実現まで、メルクはいたるところにある。メルクは2019年、66カ国で162億ユーロの売上を達成した。

 

科学的探求と責任ある起業家精神が、メルクの技術的、科学的進歩の鍵となってきた。1668年の創業以来、メルクはこのように繁栄してきた。創業家が今も、上場企業の株式の過半数を所有している。メルクは、「メルク」の名称とブランドに対する世界的な権利を保有している。唯一の例外は米国とカナダで、その事業部門は医療ではEMDセローノ、ライフサイエンスではミリポアシグマ(MilliporeSigma)として、さらにEMDパフォーマンスマテリアルズとして活動している。

 

ソース:Merck

 

▽問い合わせ先

Gangolf.schrimpf@merckgroup.com

Phone: +49 6151 72-9591

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中