Tadawul がサウジのデリバティブ市場と指数先物の開始日を発表

Tadawul

2020/7/15 16:24

AsiaNet 84776 (1129)

 

【リヤド(サウジアラビア)2020年7月14日PR Newswire =共同通信JBN】サウジ証券取引所(Tadawul)は14日、上場デリバティブの取引開始が2020年8月30日になると発表した。初の上場デリバティブ商品は指数先物契約のSaudi Futures 30(SF30)で、この契約はMSCI Tadawul 30 Index(MT30)に基づいている。

 

デリバティブ市場の発足は、投資家に新しい機会を創出し、リスクを管理するヘッジツールを提供、世界で最も大きく流動性の高いサウジ市場の利用機会を広げることで、サウジ資本市場のさらなる成長を支援するのが狙い。Tadawulはこの市場が発展するにつれて、個別株先物や個別株オプション、指数オプションなどより多くのデリバティブ商品を始める計画である。

 

TadawuのKhalid Al Hussan最高経営責任者(CEO)は「今日わが金融市場はこの地域最大であるだけでなく、かつ提供する商品とサービスの面で他の取引所より急速に伸びていると、胸を張って言える。デリバティブ取引の導入は、すべての投資家のニーズに応える多様で革新的な商品とサービスを提供するというコミットメントの新たな証しである」と述べた。

 

Al Hussan氏はさらに「サウジアラビアでのデリバティブ市場開始は、Saudi Vision 2030のFinancial Sector Development Program(FSDP)の重要施策の1つとして、洗練された市場商品導入における大きな前進であり、国内だけでなく国際的なヘッジャーとトレーダーに魅力的な取引環境を創り出す」と付け加えた。

 

▽Tadawulについて

サウジ証券取引所(Tadawul)はサウジアラビア王国の証券取引所として証券の上場と取引を認められた王国で唯一の組織である。歴史上最大のSaudi Aramco(サウジアラムコ)の新規株式公開(IPO)によって、TadawulはWorld Federation of Exchanges(国際取引所連合)加盟67会員で9番目に大きい証券取引所となり、湾岸協力会議(GCC)で最有力の市場である。新興市場では3番目に大きい証券市場である。詳細はwww.tadawul.com.sa を参照。

 

▽MSCI Tadawul 30 index(MT30)について

MSCI Tadawul 30 index(MT30)はTadawulとMSCIによって導入され、2019年1月30日に運用が開始された。MT30指数はより広範囲なMSCI SaudiArabia Indexから抽出され、変動時価総額に基づいて、最も流動性が高い約30銘柄の大型株の動きを反映するよう設計されている。

 

指数の当初の構成銘柄は、幅広いサウジアラビア市場の全時価総額の約87%を取り込んでいる。指数の中で個別銘柄それぞれの比重は、集中リスクを最小限にするために15%を上限としている。指数は四半期ごとに調整が加えられる(MSCI Global Investable Market Indexesの指数見直しに合わせて、5月、8月、11月、2月の最終営業日に終了する)。

 

▽Tadawul問い合わせ先

Mohammed Al Abdullah

+966 (54) 541-1133

mohammed.abdullah@tadawul.com.sa

 

▽Finsbury問い合わせ先

Ahmed Jebur

+971 (52) 290-3518

Ahmed.jebur@finsbury.com

 

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/827850/PIV859196_Logo.jpg

 

ソース:Tadawul

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中