デジタル時代を生きる競争力を磨く「業務可視化」オンライン学習コンテンツ『RoboRoid-HIT.s e-learning』

2020年8月7日

 

 

報道関係各位    

2020年8月7日

ワークスアイディ株式会社

 

デジタル時代を生き抜く競争力を磨く「業務可視化」の オンライン学習コンテンツ『RoboRoid-HIT.s e-learning』提供開始

 
 RPA導入支援・ITソリューション・データサイエンス・人材サービスのクロスファンクションによるDX事業を展開するワークスアイディ株式会社(代表取締役社長:池邉竜一、本社:東京都渋谷区、以下ワークスアイディ)は、業務可視化サービス『RoboRoid-HIT.s』のオンライン学習コンテンツ『RoboRoid-HIT.s e-learning』を2020年8月7日より提供開始いたします。

 

「Withコロナ」「アフターコロナ」の世界を生き抜き競争力を維持するためには、DX(デジタルトランスフォーメーション)による既存のサービスやビジネスモデルの変革・再構築が必要不可欠であり、ビジネスモデルを変革するためには、業務を可視化し課題を明確化したうえで、ビジネスプロセスの再構築をしていくことが重要です。

 

 ワークスアイディの『RoboRoid-HIT.s』は、可視化を通じて「業務の把握」を行い、阻害要因を発見し無駄を解消するべく「業務プロセスの改善」と「マネジメント改善」を行うサービスで、2018年の提供開始から現在まで、多くのお客様の課題解決をご支援してまいりました。

 

このたび、ワークスアイディは、コロナ禍においても変革に挑み続けるお客様をご支援すべく、「業務可視化」のオンライン学習コンテンツ『RoboRoid-HIT.s e-learning』を提供開始いたします。

 

 

【サービス概要】

 

 

◆サービスお問い合わせはこちらから→ https://roboroid.jp/hearingsheet/ 

 

今後もワークスアイディは、DX支援の豊富なノウハウをもとにしたコンサルティングの実施、保守・運用サポート、セキュリティ対策まで、顧客のニーズに合わせた幅広いサービスをワンストップで提供してまいります。

 

<ワークスアイディ株式会社>https://www.worksid.co.jp/

DX事業、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation[RPA])導入支援事業ならびに、データサイエンス、人材派遣・技術者派遣、BPO・アウトソーシング、さらにRPAの諸スキルを持ちえたヒューマンリソースとAI・ロボットを組み合わせたハイブリッド派遣など、企業ニーズに合わせた幅広いサービスを事業展開する。2015年4月に第1期“優良派遣事業者”に認定される。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中