皮下注射針市場の現況、成長機会、トッププレーヤー、2027年までの予測:Absolute Markets Insightsが報告書

Absolute Markets Insights

2020/8/26 09:12

AsiaNet 85226 (1384)

 

【プネ(インド)2020年8月26日PR Newswire=共同通信JBN】

*世界の皮下注射針市場は2027年まで年平均5.2%成長し、64億2152万ドルに達すると予測される。

 

この報告書のコピー請求は次を参照:https://www.absolutemarketsinsights.com/request_sample.php?id=647

 

*国際糖尿病連合(IDF)は2019年、糖尿病の症例が4億6300万件あり、2030年までに5億7800万件に増えると発表している。世界の糖尿病患者の増加は、注射器、インスリンペンなどのインスリン投与機器への需要を生み出す。これらの機器は皮下脂肪にインスリンを注入する皮下注射針を使用する。Hindustan Syringes & Medical Devices Ltd.、ノボノルディスク(Novo Nordisk A/S)などの市場プレーヤーは、今後数年間に需要が高まるインスリンペン用に設計された新たなより高ゲージの無痛皮下針を発売している。

 

*COVID-19大流行は臨床研究やワクチン生産活動を加速させたため、皮下注射針の需要増を生み出している。

 

*短いベベルタイプの針は、神経損傷が少ない特性があり外傷を減らすため、世界の皮下注射針市場で大きなシェアを占めている。

 

*世界の皮下注射針市場で2018年、北米が最大の市場シェアを占めた(https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/Global-Hypodermic-Needles-Market-2019-2027-647 )。高い医療需要を生み出す老齢人口の存在とそれを助長する政府規制が結び付いて、地域としての成長と需要のシェアを高めている。

 

*市場参加者の一部はB. Braun Medical Ltd, BD、Cadence Science、カーディナルヘルス(Cardinal Health)、CHIRANA T.Injecta, a.s.、EXELINT International, Co.、Hindustan Syringes & Medical Devices Ltd、Iscon Surgicals Ltd、ニプロ(NIPRO)、QG、RayMed、スミスメディカル(Smiths Medical)、Surtex Instruments Limited、テルモである。

 

購入前の照会先:https://www.absolutemarketsinsights.com/enquiry_before_buying.php?id=647

 

詳細な調査研究は皮下注射針市場の質的・量的分析を提供する。需要サイドの分析は地域ごととすべての主要国の市場売上高を網羅している。供給サイドの分析は、主要市場プレーヤーとその地域的・世界的影響力、戦略を網羅している。地理的分析は北米、欧州、アジア太平洋、中東アフリカ、中南米の各主要国に重点を置いている。

 

この優れた報告書全文の入手は次を参照:https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/Global-Hypodermic-Needles-Market-2019-2027-647

 

▽当社について

Absolute Markets Insightsは、貴社の商品、市場、マーケティング、競合相手、顧客に関する知見を提供することで、あなたがビジネス上の決断をする際の主要パートナーであることを目指している。次を参照:https://www.absolutemarketsinsights.com/about_us

 

▽問い合わせ先

Email id: sales@absolutemarketsinsights.com

Contact Name: Shreyas Tanna

Phone: +91-740-024-2424

 

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/831667/Absolute_Market_Insights_Logo.jpg

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1231888/Global_Hypodermic_Needles_Market.jpg

 

ソース:Absolute Markets Insights

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中