Texas Cardiac Arrhythmia Instituteの医師が複雑な心臓治療向けの4D画像技術の臨床試験に参加

Texas Cardiac Arrhythmia Institute at St. David’s Medical Center

2020/9/1 10:08

AsiaNet 85317 (1433)

 

 

【オースティン(米テキサス州)2020年8月31日PR Newswire=共同通信JBN】St. David's Medical CenterのTexas Cardiac Arrhythmia Institute(TCAI)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2902838-1&h=1556582693&u=https%3A%2F%2Ftcainstitute.com%2F&a=Texas+Cardiac+Arrhythmia+Institute+(TCAI)+at+St.+David%27s+Medical+Center )の医師が、世界で初めて新たな心臓内心エコー検査カテーテルを評価する臨床試験に参加した。米不整脈学会員、米心臓病学会員、欧州心臓病学会員でTCAIの心臓電気生理学者兼エグゼクティブメディカルディレクターであるAndrea Natale医学博士と、TCAIの心臓電気生理学者、Amin Al-Ahmad医学博士は、テキサス中部のSt. David's Medical Centerで来年実施するヒト臨床試験に備えて、このほど欧州で同カテーテルのヒト初回試験に参加した。

 

このNuVision(TM)ICEカテーテルが従来のバージョンと違う点は、複雑な心臓治療をより適切な方向に導き、転帰を改善し、治療時間を短縮するよう設計された、患者にとっていいことずくめの4Dイメージングである。

 

Natale博士は「焼灼技術の進化が続き、治療がますます複雑化するにつれ、3Dイメージングの機能を超えた高度な心臓内イメージングの必要性が高まっている。4Dイメージングは複雑な治療介入中に高解像度の心臓構造画像を提供し、焼灼治療中の合併症の可能性を低減してくれる。われわれは患者に最先端の治療を提供することを約束しており、この重要な進歩をSt. David's Medical Centerにもたらすことができるのを楽しみにしている」と語った。

 

同カテーテルは、従来のイメージングプラットフォームの全イメージング機能に加え、リアルタイムで心臓内3Dガイダンスという空間的メリットを提供、複雑な構造心臓手術、付属器官の縫合、心筋焼灼治療中に、医師が動いている心臓の詳細な画像を確認することができる。この視覚化の改善により、医師は複雑な心臓構造をより適切に評価できるようになり、治療時間と透視(X線)被曝を減らしつつ、患者の転帰改善の可能性が高まる。また、治療全体を通してカテーテルをガイドできるため、医師は画像生成をより適切に制御できる。

 

Al-Ahmad博士は「われわれは、St. David's Medical CenterのTexas Cardiac Arrhythmia Instituteにおける心臓病患者の治療水準向上にコミットしている。手術の画像を直接、リアルタイムで見ることができることで、患者をより安全かつ効果的に治療できる」と語った。

 

4Dイメージングにより、医師は意識下鎮静法で構造的心臓手術を行うこともできる。これは、患者の合併症リスクの低下と関連する。

 

▽メディア問い合わせ先

Erin Ochoa

Elizabeth Christian Public Relations

EOchoa@EChristianPR.com

+1-512-788-1616 cell

 

ソース:Texas Cardiac Arrhythmia Institute at St. David’s Medical Center

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中