COVID-19が過去最大の技術投資急増を促進、世界最大のテクノロジーリーダーシップ調査で明らかに

Harvey Nash Group

2020/9/23 14:17

AsiaNet 85713 (1664)

 

 

【ロンドン2020年9月22日PR Newswire=共同通信JBN】

*企業はパンデミック第1波期間に1週間で約150億ドルをテクノロジーに追加投資

*セキュリティーとプライバシーが最大の投資先となる一方、サイバー攻撃を受けるIT大手は10社に4社と急増

*IT支出の大幅増は持続可能ではなく、2020-21年の技術予算はより緊張状態に

*IT大手10社に8社がパンデミックによる技術チームのメンタルヘルスを懸念

 

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が流行する中、安心で安全な在宅勤務を可能にするテクノロジーに対して、企業は1週間で約150億ドル(注1)の追加投資をしていたことが、2020 Harvey Nash/KPMG CIOの調査(http://www.hnkpmgciosurvey.com/ )で明らかになった。世界的な危機が起こり、ロックダウン(都市封鎖)を強いられる中、世界のIT大手は、わずか3カ月で年間予算の上昇(注2)を超える投資を行い、これは史上最大規模の技術投資の急増となった。

 

4200人を超えるITリーダーを対象とする世界最大のテクノロジーリーダーシップ調査では、総額2500億ドル超の技術投資を実施した企業の回答を分析し、この莫大な支出増と、COVID-19の間の最大の投資はセキュリティーとプライバシーであったにもかかわらず、10社に4社のITリーダーがサイバー攻撃の増加があったと回答している。

 

Harvey Nash GroupのBev White最高経営責任者(CEO)は「この想定外で計画外の技術投資の急増に伴い、組織の運営方法が大幅に変化し、過去6カ月間の組織的変革は、過去10年間で経験してきたものより大きかった。組織が自社の企業文化にどう対処し、従業員とどう関わったかによって、成功するかどうかが決まるだろう」と述べた。

 

米国のKPMGプリンシパルでKPMG InternationalのCIO Center of ExcellenceのグローバルリーダーであるSteve Bates氏は「新しい現実(New Reality)におけるITは、各セクター、場所、企業特有の経済回復パターンによって形成されるだろう。すべてのCIOがこれらの影響に異なる形で対応する一方、一貫して変わらないものが1つある。迅速かつ強い意志をもって行動することの緊急性だ。組織の存続と繁栄のために、今ほどテクノロジーが重要なときはない」と述べた。

 

リリースの全文は以下を参照。

http://www.harveynash.com/latest-news/covid-19-forces-one-of-the-biggest-surges-in-technology-investment-in-history-finds-worlds-largest-technology-leadership-survey

 

 

▽メディア関係問い合わせ先

David Pippett

ProServ PR

david@proservpr.com

+44 (0) 7899 798197

 

Michelle Thomas

Harvey Nash

michelle.thomas@harveynash.com

+44 (20) 7333 2677

 

Amy Greenshields

KPMG International

+1 416 777 8749

amygreenshields@kpmg.ca

 

(注1)編集者注意を参照。

(注2)編集者注意を参照。

 

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1278535/KPMG_Logo.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1178596/Harvey_Nash_Group_Logo.jpg

 

ソース:Harvey Nash Group

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中