モナコ公国はデジタルIDスキームと信頼サービスを展開するINグループを選択します

INグループ

2020/10/16 18:49

AsiaNet 86137

 

デジタル・エコシステムと拡張モナコ公国・プログラムの基盤として、モナコ公国のデジタルIDスキームはINグループのテクノロジーのおかげで最適なセキュリティ・レベルを確実に享受することができます。

 

モナコ公国、2020年10月15日 /PRNewswire/ -- モナコ公国は、そのデジタルアイデンティティの設計とセキュリティのための技術パートナーとしてINグループを選択したと発表した。

 

高度な技術的専門知識と特注サポートを組み合わせるフランス・グループの能力に自信を持つモナコ公国は、グローバルで統合されたIDシステムを定義し、展開するためにINグループを選択しました。

 

モナコ公国の新しいID文書(電子IDカード、居住許可証、生体認証パスポート)を作成することにより、INループeは政府の期待に沿った高性能でパーソナライズされたソリューションを提供します。

 

人口のデータとデジタル習慣のセキュリティに焦点を当てた野心的なプログラム

 

2021年前半に開始される暫定展開スケジュールに従って、モナコ公国のネイティブおよび居住者はそれぞれの新しいID文書に関連付けられたデジタルIDを持つことができます。これにより、追加の補足文書を必要とせずに、安全性が高くシンプルな認証が提供され、州のサービスにスムーズにアクセスできるようになります。

 

モナコ公国の一般的なセキュリティ基準およびヨーロッパの規制(eIDAS-電子的な識別および信頼サービス)に従い、モナコ公国のデジタルIDスキームはヨーロッパのさまざまな電子IDサービスとのデジタル相互運用性を見込んでいます。個人のソブリン・アイデンティティは、関係者の明示的な同意がある場合にのみ、デジタル・アイデンティティを組み込むことができます。

 

政府は、標準プロトコル(OSIAおよびOIDC-オープンID接続)を使用することで、電子サービス内でのデジタルIDの導入と使用を簡素化しようとしています。

 

政府と国民との関係強化

 

・限定された署名

・モバイルデバイスで可用

・デジタルIDの使用を統合するE-サービス:

・ オンライン宣誓供述書の作成

・ペーパーレス契約

・インターネットによる市役所からの出生証明書等取得

・シングルサイン-オン・ワン-ストップ-ショップによるe-サービスへのアクセス

 

拡張モナコ公国の使命は、デジタル技術をあらゆる公共政策の基礎とし、健康、教育、公共サービスなど、社会のあらゆる側面に長期的に浸透させることです。

 

IN グループは、 コンポーネントからサービスまで、電子機器とバイオメトリクスを統合した認証ソリューションとセキュアデジタルサービスを提供しています。INグループは、3つの関連ブランドを運営しています。電子部品用SPS、光学およびホログラフィックセキュリティ用Surys、企業のデジタルアイデンティティソリューションおよびIOT用Nexus。

 

イザベル・カラシックIsabelle.carassic@publicis.fr

 

PDF - https://mma.prnewswire.com/media/1313557/IN_Groupe_English.pdf  

ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1313445/IN_Groupe_logo.jpg

ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1313446/Extended_Monaco_logo.jpg



(日本語リリース:クライアント提供)



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中