Hohemのフェーストラッキング・スマートフォン、iSteady Xジンバルがジェスチャーコントロールなどの新機能アップデートを受ける

Hohem

2020/10/28 10:40

AsiaNet 86285 (1964)

 

 

【深セン(中国)2020年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】

*ジェスチャーコントロール、オブジェクトトラッキング、AE/AFロック、レンズ選択、カスタムのウエイポイント設定を備えたモーションラプスなどのアップデートがいま、利用可能に

 

世界をリードするジンバル技術企業Hohem Techはこのほど、フェーストラッキング・スマートフォンのiSteady Xジンバル(gimbal iSteady X)に幾つかの新機能を付加してアップグレードした。ユーザーはアプリとファームウエアをアップグレードすることで、オブジェクトトラッキング、ジェスチャーコントロール、フォーカス/露出のマニュアルあるいはロック、レンズの選択、バッテリー状況の表示、その他の素晴らしいiSteady Xの機能向上を体験できる。

 

Video-https://mma.prnewswire.com/media/1320039/ISTEADY_X_PROMOTIONAL_VIDEO_V2.mp

4

 

iSteady Xはhohem最新のスマートフォンジンバルで、Amazonのフォーンジンバルでナンバーワンのベストセラーである。最近、当社は下記の重要な調整を加えた幾つかの新機能をiSteady Xに加える大きなアップデートを実施した。

 

*ジェスチャーコントロール:手のハイタッチやVサインの動作をすることでビデオ録画が簡単に開始する。これは電話に触れることなく自撮りや集合写真を撮影するのに非常に有用で、旅行、パーティー、家族イベントなどでも極めて役に立つ。

 

*オブジェクトトラッキング:フォーンスクリーンの被写体にフレームを選択することで、可愛いペットなどの動く目標を簡単に追跡する。カメラは被写体の動きを追いかける。

 

*フォーカス/露出のマニュアル操作あるいはロック:全てのユーザーはカメラ使用時にフォーカスと露出の値をマニュアルあるいはロックに設定可能。

 

*カメラのパラメーター調整:全てのユーザーはカメラのパラメーター設定を変更し、自分のiSteady Xをパーソナライズできる。

 

*フォーカスレート設定:ユーザーは好みに応じてフォーカス速度を調整できる。

 

*タイマー:ユーザーは写真撮影の際のタイマー設定が可能。

 

*カスタムのウエイポイントを備えたモーションラプス:ウエイポイントを設定することで、カメラの動きにタイムラプスを加えることができる。

 

*レンズ選択:この選択機能により、メイン、広角、望遠のカメラといった一層多くのオプションがリアカメラで実現。

 

*サポートディスプレー:ジンバルのバッテリー状況、フォーンのバッテリー状況と作動状況を付加。

 

*カメラに取り付けなくてもジンバルをオンにすることが可能。

 

▽価格と購入

Hohemの公式ウェブサイト(https://www.hohem.com/ )にて、69ドルで入手できる。購入するには(https://www.hohem.com/products/isteady-x )をクリック。

 

Photo- https://mma.prnewswire.com/media/1171973/HOHEM_Logo.jpg

 

▽Hohemについて

Hohem Techは強力な独自開発の技術、生産と販売の力を持ったジンバル技術企業である。Hohemが伝えたいと願うのは、全ての人が生活の記録者であり、人生の全ての瞬間は記録する価値があり、楽しみは全てに意味を与えるということだ。Hohemは「Make the moment, Enjoy it(瞬間を作り、それを楽しもう)」を常に信じている。

 

ソーシャルメディアで当社をフォローしよう:

ウェブサイト:www.hohem.com

Facebook:www.facebook.com/HohemGloba l

Instagram:www.instagram.com/hohemtech

YouTube:www.youtube.com/c/HohemTechOfficial

 

ソース:Hohem

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中