ウイルス感染対策と経済活動を両立させる時代にマッチする、「EZDOME HOUSE(イージードームハウス)」

テレワーク・職場のソーシャルディスタンシングの確保に貢献します。

tcl

2020/11/16 17:42

2020年11月16日

株式会社TCL スマートソリューション事業部

 

報道関係者各位

 

輸入車・自動車関連用品販売の株式会社ホワイトハウス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:木村 文夫)の子会社 ・ 株式会社 TCL( ティーシーエル) は、新型コロナウイルス下でテレワークや勤務場所の多様性が求められるいま、DIY で組み立てられるプレハブ工法ハウス 「 EZ DOME HOUSE( イージー ドーム ハウス 」 の新しい可能性を提案します。

 

 

ウイルス感染対策と経済活動を両立させる時代にマッチする、

「イージー ドーム ハウス」という、独立したワーキングスペース。

テレワーク・職場のソーシャルディスタンシングの確保に貢献します。

 

 

新型コロナウイルスへの対応を経て、テレワークが一気に普及しました。仕事をする場について、オフィス内分散や地方分散も積極的に行われ、「働く場所」に対する概念が変わろうとしています。

withコロナの現在はもちろん、ワクチンや治療法が開発されたアフターコロナ時代においても、働く場の変化は継続していくものと見込まれています。

そんな時代を見据え、イージードームハウスが従来のオフィスや自宅の部屋以外でのワーキングスペースの新しい選択肢として注目を集めています。

 

 

 

■室内・室外どこにでも設置可能で、独立した部屋として機能。    


「イージードームハウス」は、移設 ・組み立てが簡単なDIY プレハブ工法ハウス。車2台分弱のスペースさえあれば、室内でも屋外でも設置可能で、独立した部屋として使用することができます。組み立ても専門施工業者は不要、簡単な工具があれば2人・90分ほどで組み立てられます。

 

 

■集中できる在宅業務環境を実現。オンライン会議でのプライバシーも確保。


庭や屋内にも設置可能のため、家族が一緒で業務に集中しづらい場合でも、手軽に仕事部屋として活用できます。オンライン会議や打ち合わせ時にも、プライベートな背景や室内、家族が映り込む心配がありません。

 

 

■スウェーデン発祥ホームファニッシングカンパニー「イケア」とコラボ。 


ドーム空間はあなただけのひとつのお部屋。おしゃれなイケアの家具やインテリアでコーディネートして快適な空間を創造してください。空間のご提案もいたします。              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

テレワーク1 (2)

テレワーク2

テレワーク3

frontside_view

ガーデン

子供-1437のコピー_軽

80b97fb48b9de549ea75ecd9b1a87b86_軽

オフィス-1406_軽

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中