Mixcder E10が最先端のノイズキャンセリング性能でブロンズ・スティービー賞を獲得

Mixcder

2020/11/18 16:30

 

Mixcder E10が最先端のノイズキャンセリング性能でブロンズ・スティービー賞を獲得

 

AsiaNet 86676 (2158)

 

 

【フェアファクス(米バージニア州)2020年11月17日PR Newswire=共同通信JBN】Mixcderは、同社のオーバーイヤーヘッドホンMixcder E10が優れたサウンドクオリティーと業界をリードするアクティブノイズキャンセリング(ANC)性能によって、アメリカンビジネス賞2020(American Business Awards 2020)の消費者家電部門でブロンズ・スティービー賞(Bronze Stevie(R)Award)を獲得したと発表した。

 

業界をリードするANC製品体験を活用して、Mixcderのエンジニアリングチームは、強力なANC V4チップと、低周波数の環境音の96%を遮断する能力がある高感度ノイズキャンセリングマイクを開発した。

 

Aptx-LL(低遅延)をサポートするBluetooth 5.0によって駆動されるMixcder E10は、シンクロナイズされバランスのとれたハイレゾサウンドクオリティーを提供する。Mixcder E10は、人々がどこでも、いつでも携帯できる完璧なオーディオコンパニオンで、Mixcder Super Charging(MSC)Technologyを搭載するEシリーズ初のヘッドホンであり、最大30時間のリスニング時間を誇り、ユーザーは数分で充電してMixcder E10をワイヤレスで3時間再生を楽しむことができる。

 

MixcderのDavid Wu最高経営責任者(CEO)は「Mixcder E10は、当社が高品質でコスト効率に優れたANCヘッドホンを世界の消費者に提供することを大きく前進させるものである。Mixcder E10はなくてはならない多数の機能を搭載し、頻繁に旅行をする人やオーディオファイルに最高級のオーディオ体験を提供する」と語った。

 

同CEOは「今回のアワードは、このマイルストーンを達成したわれわれの努力に対する表彰だけでなく、クラス最高のオーディオ製品を提供するMixcderの専門技術と、個人のリスニング体験の限界を押し広げるというわれわれのコミットメントに対する証しでもある」と語った。

 

トレンドセッターと音楽エンスージアストによって設立されたMixcderの研究開発チームは、人間工学、オーディオ、ファッションデザインを専門とする30人のアコースティックおよびエレクトロニクスの専門家で構成され、リスナーの体験を向上させるという同じビジョンを共有している。

 

高品質オーディオとワイヤレステクノロジーの最新イノベーションを融合するMixcderの各製品は、サウンド、快適さ、美しさ、機能性を中心コンセプトとして念頭に置き、デザインされている。Mixcderは5年以上にわたり、同社独自のEuphonious Soundとともに、ノイズキャンセリング技術の第1人者であり、純粋な精度を伴う真のイマーシブサウンドを提供してきた。

 

MixcderはE7、E8、E9、E9 Pro ANCヘッドホンを発売し、英国、ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、オランダのAmazonで購入可能である。

 

▽Mixcderについて

米カリフォルニア州で2015年に創設されたMixcderは、テクノロジーとアートをデザインに統合するオーディオブランドであり、イヤホン、スピーカーからオーディオアクセサリーに至る製品を提供する。詳細はウェブサイトhttps://mixcder.com/ を参照。

 

▽問い合わせ先

Nydia Zhang

nydia@mixcder.com

+86-755-29422070

 

ソース:Mixcder

 

添付画像リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377048

(画像説明:Mixcder E10が最先端のノイズキャンセリング性能でブロンズ・スティービー賞を獲得)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

Mixcder E10が最先端のノイズキャンセリング性能でブロンズ・スティービー賞を獲得

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中