中韓投資貿易博覧会・中国(瀋陽)韓国ウイークが閉幕

瀋陽人民政府宣伝部

2020/11/19 11:45

 

中韓投資貿易博覧会・中国(瀋陽)韓国ウイーク

 

AsiaNet 86675 (2170)

 

 

【瀋陽(中国)2020年11月18日新華社=共同通信JBN】瀋陽人民政府宣伝部(The Information Office of Shenyang People's Government)によると、China-South Korea Investment and Trade Fair and China (Shenyang) South Korea Week(中韓投資貿易博覧会・中国(瀋陽)韓国ウイーク)は11月14日、中国・韓国間のコミュニケーションと協力のためのプラットフォームの構築を目指し「Working Together And Creating a Win-win Cooperation(協調とウインウインの協力構築)」をテーマに瀋陽で開かれた。

 

South Korea Trade & Investment Revitalization Commune in China(在中国・韓国貿易投資再生コミューン)本部責任者のHan Jin Park氏は、中国・韓国間の経済貿易交流は新しい状況の下でより高いレベルに到達するだろう、と述べた。現在、中国・韓国間の経済貿易協力の市場はまだ十分に開発されていない。まだ多くの協力の余地があり、より多くの自由貿易区の建設が可能で、市場の潜在力も大きい。

 

現在、北東部の3省、特に瀋陽の投資ハードウエア施設は優れている。瀋陽で投資する企業が必要とするソフトウエア施設を改善することが必要である。より多くの優れた韓国企業が協力を求めて進出すれば、最先端技術やインテリジェント技術などのより具体的なプロジェクトが実施される。中国・韓国企業の双方により互恵的なウインウインの環境を提供することによって、中国・韓国の持続可能な開発が促進される。

 

中韓投資貿易博覧会・中国(瀋陽)韓国ウイークの活動は17日まで続いた。同期間中に「China-South Korea Investment and Trade Fair(中韓投資貿易博覧会)」、「China-South Korea Automobile Industry Exchange and Cooperation Docking Meeting(中韓自動車産業交流協力ドッキング会議)」、「Sino-South Korean Cultural and Creative Enterprise Development Forum(中韓文化創造企業開発フォーラム)」、「Promotion Meeting of Shenyang Area of Liaoning Free Trade Zone(遼寧自由貿易区瀋陽地区振興会議)」などの経済貿易活動が開催された。さらに「Endless Friendship of the Road - China-South Korea Silk Road(終わりなき道の友好-中韓シルクロード)」歴史展、「Sino-Korean Food Festival(中韓食品フェスティバル)」、「Award Ceremony of China's Korea-Nationality Tourists' Travel Stories in South Korea Photo Contest(中国の韓国籍観光客の韓国旅行物語写真コンテスト授賞式)」の3つの文化交流活動も開催された。

 

今回のイベントは、サミットと展示会の統合、経済・貿易・文化の交流によって特徴付けられた。韓国の食品と芸術パフォーマンスの統合はイベントのハイライトと参加した市民の熱意を盛り上げた。エピデミックの影響に効果的に対処するため、活動はオンラインとオフラインの活動を組み合わせて実施された。

 

ソース:The Information Office of Shenyang People's Government

 

画像添付リンク:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377047

(写真説明:中韓投資貿易博覧会・中国(瀋陽)韓国ウイーク)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

中韓投資貿易博覧会・中国(瀋陽)韓国ウイーク

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中