さいたま市のAIオンデマンド交通サービス実証事業に参画

~スマートシティの実現に向けた取り組みを推進~

NTTドコモ

2020/12/9 14:30

2020年12月9日

株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、さいたま市美園地区にて2021年1月18日(月)~2021年2月14日(日)に実施される、AIを活用したオンデマンド交通サービス実証事業「みそのREDバス」に参画します。サービスの本格導入を見据え、本実証事業を通じて、より利便性の高い交通インフラの提供をめざします。

 

 さいたま市美園地区は、埼玉高速鉄道線「浦和美園駅」を中心に、大規模な都市開発が進行中のエリアです。住宅や店舗などの建設や公共施設整備も進展しており、子育て世帯の人口が増えている一方で、地区内での自動車交通量増加が課題になっています。そこで、自家用車に過度に依存しない持続可能な交通環境をめざす取り組みとして、AIオンデマンド交通サービスの実証事業を実施することとなりました。

 

 

 

  AI運行バス イメージ      AI運行バス イメージ

 

 

 

 本実証事業は、国土交通省「スマートシティモデル事業」に係る実証調査の一環で、ドコモやさいたま市、一般社団法人美園タウンマネジメントなどが参画する「さいたま市スマートシティ推進コンソーシアム」が実施するものであり、ドコモのオンデマンド乗合交通「AI運行バス®※1」のシステムを活用することにより、効率的な配車サービス提供をめざします。

 

 本実証事業では、利用者がスマートフォンのアプリ※2で乗降場所と乗車人数を選択して予約すると、車両と運行経路をリアルタイムにAIが決定し、アプリには乗車予定時刻が表示されます。運行範囲は浦和美園駅周辺で、乗降場所は、公共施設、商業施設など約40か所です。乗車料金は1回当たり大人300円、小学生は150円で、最初の1週間は無料を予定しています 。また、バスの利用者に、アプリ内で地域の施設や店舗の情報発信をするほか、クーポンも提供します。

 

 埼玉県内で、ドコモのオンデマンド乗合交通「AI運行バス」のシステムを活用する事例は、今回が初めてです。

 

 ドコモは、さいたま市美園地区での日常生活における移動課題の解決と街の活性化をめざすとともに、この事例を埼玉県内の自治体を中心に日本全国に展開できるよう、検証を進めてまいります。

 

※1 「AI運行バス」は、ドコモが提供する「高度なAIによる配車制御で、乗りたいときに、乗りたい場所で、誰でも簡単に乗車予約ができる(オンデマンド)サービス」です。株式会社未来シェアが開発した SAVS(Smart Access Vehicle Service)を利用しています。

※2 サービスのご利用には、会員登録(無料)が必要です。

 

* 「AI運行バス」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

 

 

 

別紙

 

 

さいたま市実証事業における「AI運行バス」活用の概要

1.利用イメージ

 スマートフォン上のWebアプリで乗降場所を選択すると、リアルタイムで最適なルート決定や配車を行います。

 

 

 

2.利用方法

 Webアプリからのシンプルな操作で乗車予約が可能です。

 

 

 

 

<参考>「みそのREDバス」概要

 「みそのREDバス」の運行日時、乗降場所、運賃などの詳細は、「アーバンデザインセンターみそのWEBサイト」をご覧ください。

 https://www.misono-tm.org/udcmi/?p=9445

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース