Grand Thornton CyprusがVeChainThorパブリックブロックチェーンのAuthority Masternodeに

VeChain

2020/12/18 15:37

AsiaNet 87328 (2484)

 

 

【ニコシア(キプロス)2020年12月18日PR Newswire=共同通信JBN】安全で成長を続けるブロックチェーンエコシステムを提供する目的の下、VeChain Foundationはブロックチェーン技術の使用を通して問題を解決するという共通の目標のために影響力のある利害関係者をそのエコシステムに加え、全世界のパートナーを集めている。

 

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1387925/VeChain_and_Grant_Thornton.jpg

 

キプロス有数の規模を持つ企業顧問会社で、グラントソントンの140カ国超に展開する巨大ビジネスネットワークのメンバーファームであるGrant Thornton Cyprus(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3016384-1&h=3438195963&u=https%3A%2F%2Fwww.grantthornton.global%2Fen%2Flocations%2FCyprus%2F&a=Grant+Thornton+Cyprus )は、VeChainThorブロックチェーンの101のAuthority Masternodeの1つになったことを正式発表した。

 

今年前半、Grant Thornton CyprusとVeChainは現地と海外ビジネス向けにブロックチェーンソリューションを実装することに関連するサービスを提供・拡大する意志を共有するパートナーシップ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3016384-1&h=2793628693&u=https%3A%2F%2Fmedium.com%2Fvechain-foundation%2Fvechain-partners-with-grant-thornton-blockchain-cyprus-to-provide-advanced-blockchain-solutions-5900f6ad2dc7&a=Grant+Thornton+Cyprus+and+VeChain+announced+an+official+partnership )を正式発表した。

 

Grant Thornton Cyprusが自らをVeChainThor Authority Masternodeの1つであると表明、発表する決定をしたことは、VeChainThorのアーキテクチャーの重要なバックボーン部分を形成することに寄与するものだ。同社がこのプログラムに参加したことはプロジェクトの正当性ならびに強固なネットワークと将来性の両面について、さらにはダイナミックな成長を積極的に進めるVeChainのエコシステム全体についての暗黙の評価である。

 

Authority MasternodeはVeChainThorブロックチェーンの重要なバックボーンで、最終的にはブロックチェーンへのブロックのパッケージング、プロセス、追加を行う。そのため、高い基準を確実に維持するための入念で法令を順守した選択が重要である。VeChainThorの合意モデル(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3016384-1&h=1023720932&u=https%3A%2F%2Fmedium.com%2F%40vechainofficial%2Fdefining-the-vechainthor-blockchain-consensus-proof-of-authority-8cf3f51a5fa0&a=VeChainThor+consensus+model )では、エンタープライズユーザー、ブロックチェーン開発チーム、事業開発パートナー、コミュニティー貢献者、アカデミックリサーチパートナーからの101のAuthority Masternode所有者がブロックチェーン・エコシステム全体のトランザクションの検証の維持に責任を持っている。

 

VeChain FoundationのSunny Lu事務局長は「成熟して信頼性の高いブロックチェーンプラットフォームとエコシステムを真に提供するため、VeChain Foundationは常にエコシステムパートナーの重要性を認識している。ブロックチェーンエコシステムのイネブラーとして、VeChain FoundationはGT-Cyprusがさらなる事業機会を獲得し、VeChainThorブロックチェーンで価値あるトランザクションを行えるよう支援するつもりである」と述べた。

 

Grant Thornton Cyprusは最初からブロックチェーンソリューションを開発することなく、VeChainのブロックチェーンプロトコルを活用できる。このプロトコルはフィーデリゲーション、マルチタスクトランザクション、そしてVeChainThor上の既存アプリケーションなどをビジネスに採用するために設計された技術的な機能である。Authority Masternodeへのさらなる報償として、Grant Thornton Cyprusは顧客にサービスを提供する際に使用するブロックチェーン技術のコストを低減し、障壁を排除することができる。

 

Grant Thornton Cyprusの分散型台帳技術ディレクター、Alexis Nicolaou氏は「VeChainThorのAuthority Masternodeになることにより、新しいブロックチェーン技術を用いた有標製品を発売して顧客のニーズにより良く応える能力がわれわれに提供される。われわれはブロックチェーン技術の潜在的影響力を認識しており、金融、サプライチェーン管理、再生可能エネルギー、eコマース、健康と安全といった従来の産業を再設計する道を開いた。われわれはVeChainと協力し、幾つかの産業における事業の成長を追求する」と強調した。

 

Grant Thornton Cyprus、DNV GL、他の有名事業体はVeChainThorブロックチェーンでトランザクションを保護・有効化している。エンタープライズ、政府機関、コミュニティーdAppsはVeChainThorを利用することで、データの不変性が安全に確保されるだろう。

 

▽Grant Thornton Cyprusについて

Grant Thornton Cyprusは、キプロスで最も歴史のある会計事務所の1つである。1942年創立の同社は、1982年にグラントソントン インターナショナルのメンバーファームになった。同社はグラントソントン インターナショナルのメンバーファームとして、グローバルな会計の専門組織の最前線で専門的サービスの技術、方法論、スペシャリストのリソースを備え、現地市場の知識と経験を一体化している。2018年9月、Grant Thornton(Cyprus)Limitedは新サービスを開始し、技術サービスを拡大した。分散型台帳技術部門(ブロックチェーン)は現地と海外事業向けに分散型台帳技術(DLT)の実装に関連するアドバイザリーサービスを提供している。さらに詳しい情報は、以下の公式ウェブサイトを参照。

https://www.grantthornton.com.cy/services/distributed-ledger-technologies/

 

▽VeChain Foundationについて

2015年に創設されたVeChain Foundationは、ブロックチェーン技術と現実世界の間に橋を架ける不断の取り組みをしている。VeChainThorの進歩はペースを速め、コンソーシアムのネットワークからProof of Authority(権威による証明)コンセンサスを使い、先端技術機能、管理構造、経済モデルを誇るクラス最高のパブリックブロックチェーン・プラットフォームへと移行した。

 

エコシステムのイネブラーとして、VeChain Foundationの使命は採用の障害となるものを体系的に排除するツールを開発して構築者とイノベーターを支援することである。マルチタスクトランザクション、フィーデリゲーションなどの一連の革新的ツールを開発することで、VeChainは企業と開発者の両方が参入する上での障壁を大きく削減することができる。

 

VeChainThorは既に、Walmart China、Bayer China、BMWグループ、BYD Auto、PICC、H&Mグループ、Shanghai Gas、LVMH、D.I.G、ASI Groupなど、多様な使用事例にわたって採用されている。

 

VeChain Authority Masternodeに関する、さらに詳しい情報はwww.vechain.org を参照。

 

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/738221/VeChain_Logo.jpg

 

ソース:VeChain

 

▽問い合わせ先

alexis.nicolaou@cy.gt.com

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中