群馬県富岡市とドコモがICTを活用したまちづくりに関する連携協定を締結

~ICTを活用し、キャッシュレス決済の普及や行政サービスのデジタル化に取り組む~

NTTドコモ

2020/12/21 15:30

2020年12月21日

群馬県富岡市

株式会社 NTT ドコモ

 群馬県富岡市(以下、富岡市)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、まちづくりの連携協定(以下、本協定)を、2020年12月21日(月)に締結しました。ドコモの持つICTや5Gの技術などを活用して、キャッシュレス決済の普及や災害復旧活動、行政手続きのデジタル化、富岡市役所職員の働き方改革などに取り組みます。

 

 キャッシュレス決済普及の取り組みとして、2020年12月から富岡市役所1階に、スマートフォンの相談窓口(臨時)を設置し、スマートフォンやキャッシュレス決済などのデジタル分野に関する総合的なサポートを行います。

 加えて、富岡市内の事業者に向けて、キャッシュレス決済の環境整備を推進します。

 

 また、群馬県内の自治体としては初めて、富岡市とドコモが災害復旧に関する連携協定を結び、地域の安心・安全に努めてまいります。地域の防災訓練への参加や、通信設備が被災した場合における災害対策機器の設置など相互に連携・協力し、早期の通信サービス復旧に取り組みます。

 

 今後は、行政手続きのデジタル化や富岡市役所職員向けの働き方改革についても取り組む予定です。AIや事務作業を自動化する「RPA」などを活用した行政事務手続きの効率化や、リモートワークの促進などについて検討します。

 加えて、5Gを活用した自動運転やMaaSへの取り組み、まちのICT化についても検討を行います。

 

 本連携協定を通じて、今後も富岡市とドコモは、富岡市の魅力向上とさらなる地域活性化をめざします。

 

 ※設置期間・スケジュールにつきましては、月によって変更する可能性がございます。ドコモショップ富岡店にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

別紙

 

 

ICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定の概要

 

1.協定の名称

 「ICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定」

 

2.協定締結日

 2020年12月21日(月)

 

3.協定に基づく連携事項および主な取り組み例

連携・協力事項 主な取り組み例

まちのデジタル化促進に関すること

■デジタルデバイドの解消を目的とした富岡市役所へ「市民のデジタル化促進向けた“スマホ相談窓口(臨時)”の設置」

まちのキャッシュレス普及・消費活性化に関すること

■富岡市内事業者へのキャッシュレス決済環境整備の推進

■富岡市内の消費還元に資するキャンペーンの検討

■「スマホ相談臨時窓口(臨時)による」キャッシュレスデビュー・マイナポイント申し込みサポートの実施

災害復旧・避難所支援に関すること

■災害復旧・避難所支援に関する連携

MaaS事業のさらなる発展に関すること

■5Gを活用したMaaSのさらなる発展に関する検討

行政手続きのDX化・市役所職員向けの働き方改革に関すること

■AI・RPAなどの最新技術を活用した行政事務手続きの効率化の検討

■マイナンバーカードの普及促進に関する取り組みの検討

■富岡市役所職員の働き方改革(業務効率化・リモートワーク促進)に関する取り組みの検討

その他、地域活性化および市民サービス向上に関すること

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース