シミック、米国バーチャル臨床試験推進団体「Decentralized Trials & Research Alliance (DTRA)」へ参画

日本のCROとして初のリーダーカウンシルメンバーとして参加

2021年1月12日

シミック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 藤枝 徹、以下:シミック)は、バーチャル臨床試験導入を推進する関連企業団体「Decentralized Trials & Research Alliance」 (以下:DTRA)に、リーダーカウンシルメンバーとして参画しました。DTRAは米国を中心としたヘルスケア関連企業、規制当局、患者団体等が参画し、バーチャル臨床試験実施の促進を目指し、2020年12月10日に米国で発足した団体です。

シミックは、DTRAへの参画により、米国における関連団体・企業との連携をさらに強化することで、日本のバーチャル臨床試験導入を強力に推進してまいります。

 

シミック株式会社 代表取締役 社長執行役員 藤枝 徹は次の通り述べています。

「シミックがDTRAのリーダーカウンシルメンバーとして参画することで、米国で先行するバーチャル臨床試験の事例収集や、米国関連団体との連携および情報共有を元に、日本の臨床試験実施環境における現実的かつ効率的な試験方法の策定、そして試験実施の際に障壁となる問題の解決方法の提案に寄与できると考えています。

また、シミックは国内最大級かつアジア地域において多数の拠点を有するCROとして、バーチャル臨床試験導入に向け取り組んできた経験や急速に成長するアジア市場の最新動向およびニーズをDTRAへ共有し、将来の国際標準化を見据えた提案も行ってまいります。

シミックはDTRAの一員として、グローバルで利用されている最新のデジタルヘルステクノロジーを最大限活用し、本邦での円滑なバーチャル臨床試験の実施に貢献します。」

 

【サービスに関するお問い合わせ先】

シミック株式会社 E-mail : vct_prgroup@cmic.co.jp 

 

DTRAについて

The Decentralized Trials & Research Alliance ( DTRA ) は、ライフサイエンスとヘルスケアにおける患者を中心とする分散型臨床試験および臨床研究の実施をステークホルダーが教育と研究を通じて協力して促進していくために組織されました。DTRAは、適切な分散型研究方法を一貫し幅広く採用することにより、誰もが参加できる研究活動の実現を目指します。 DTRA公式ウェブサイト(英語):https://dtra.org/

 

シミックグループについて

シミック(CMIC)は、1992年に日本で初めてCRO(医薬品開発支援)事業を開始し、今日では開発から製造、営業・マーケティングまでの医薬品に関する総合的な支援業務を提供しています。現在、シミックグループは、日本で最大級のCROであると同時に、医薬品開発、SMO(治験施設支援)、臨床からGMPに準拠した医薬品製造、薬事コンサルティング、そして営業およびマーケティングソリューション等における包括的なサービスを提供しています。また、製薬・バイオテクノロジー・医療機器の企業の日本市場参入や、アジアでの臨床試験実施、米国と日本における医薬品開発および製造のサポートなども積極的に行っております。シミックグループは、世界中に7,000人を超える従業員と25支社・関連会社を擁しています。詳しくはウェブサイトをご覧ください。https://www.cmicgroup.com

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

  • ジャンル
    医薬・市販薬
  • キーワード
    シミック、DTRA、バーチャル臨床試験、VCT
このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 シミックホールディングス株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 医療サービス
  • URL https://www.cmicgroup.com/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中