Simplが2020年インド・フィンテック賞で年間最優秀フィンテックスタートアップを受賞

Simpl

2021/1/4 11:26

AsiaNet 87414 (0002)

 

【ベンガルール(インド)2020年12月28日PR Newswire=共同通信JBN】

*Simplは、人間中心の設計と機械知能を使用することで、加盟店と消費者の両方が決済体験の再考へと進める画期的イノベーションで表彰された

 

ベンガルールに本拠を置くスタートアップであるSimpl(https://getsimpl.com/ )はこのほど、2020年Indian Fintech Awards(インド・フィンテック賞)で権威あるFintech Startup of the Year(年間最優秀フィンテックスタートアップ)のタイトルを獲得した。同社は、すべてのデジタル取引で顧客との信頼関係を構築するすべての加盟店を支援する。

 

Indian Fintech Awardは、革新的な製品・サービスの立ち上げ、ビジネスカテゴリーの再定義、ディスラプティブ技術の使用、ソートリーダーシップで大きな成功を収めたことに対して、また、それらのフィンテックエコシステム全体への影響力に対して、毎年フィンテック起業家/企業/リーダーを表彰するIndia Fintech Forum(インド・フィンテックフォーラム)の一環である。

 

Simplは、Zomato、Bigbasket、Dunzoなどカテゴリーをリードする2500以上のオンライン加盟店のマーチャントネットワークを擁し、完全にデジタルで、摩擦がなく、透明性があり、包括的でパーソナライズされたインドのモバイルファースト消費者向けクレジットベース決済の未来を構築しつつある。

 

Simplは加盟店が常連客にサービスを提供するために使用するkhaataまたはtab(会計帳簿)という古くからの伝統からインスピレーションを得て、この概念をデジタルコマースに拡大しつつある。Simplを使用すると、加盟店は消費者に安全かつシームレスなワンクリック・チェックアウト体験を提供することができ、消費者はSimplのBuy Now Pay Laterクレジットラインを使用して取引を集約し、強力な購入者保護と即時チャージバックを取得することができる。Simplはこのクラス最高のモバイルファースト購入体験を強化することにより、加盟店がカートコンバージョン、バスケットサイズ、注文頻度を増やし、顧客のロイヤルティーと定着率を高めることをサポートする。

 

SimplのNityanand Sharma共同創設者兼最高経営責任者(CEO)(https://www.linkedin.com/in/nityasharma1/ )は今回の受賞について「当社チームは今回の栄誉に心から喜びを感じている。加盟店と消費者の両方の決済体験を完全に変革する製品の構築に尽力したことが認められたものとして、この勝利をうれしく、また誇らしく思う。現在、Simplは、頻繁に行われる少額決済のための世界最大の後払い(Pay Later)プラットフォームである。当社は、Buy Now Pay Laterを決済の主流カテゴリーとしてもたらす旅の変曲点にいる。この賞は、当社チームが新しいカテゴリーの決済と画期的な消費者体験を生み出すために尽力したすべての取り組みを表彰するものである」と語った。

 

▽Simplについて

Simplは、2015年に設立されたインドのスタートアップであり、頻繁に行われる少額決済のための世界最大のPay-Laterプラットフォームである。詳細は当社のブログ(https://blog.getsimpl.com/category/resources/ )を参照するか、当社とつながるにはLinkedIn(https://www.linkedin.com/company/simplhq/?viewAsMember=true )を参照。

 

▽メディア問い合わせ先

Supriya Namrata

pr@getsimpl.com

 

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1392281/Simpl_logo_Logo.jpg

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1392282/Nitya_Sharma_Simpl_CEO.jpg

 

ソース:Simpl

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中