NTTドコモ様の5G商用サービス向け基地局無線装置としてO-RAN FH仕様に対応した電気興業の無線装置が選定

DKK

2021/4/1 09:00

  

————————————————————————————————————————————————

 

                                         2021年4月1日

 

 

NTTドコモ様の5G商用サービス向け基地局無線装置として O-RANフロントホール仕様に対応した電気興業(DKK)の無線装置が選定

 電気興業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤忠登史、以下 DKK)はこのたび、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊 基之、以下、NTTドコモ)様が構築する5G(※1)の商用サービス向けの無線装置に、DKKが開発するO-RANフロントホール仕様(※2)に対応した5Gの無線装置が選定されたことを公表いたします。本無線装置は、2021年度下期より提供を開始します。

 

 

【無線装置の特長】

 DKKが開発する5G無線装置は、下図に示すように基地局アンテナに併設され、基地局制御装置との通信を担うフロントホールのインタフェースにO-RAN仕様を採用しています。これにより、当社の無線装置はO-RAN仕様に準拠する異なるベンダーの基地局制御装置との接続が可能となり、ベンダーに依存しない柔軟なネットワーク構築が可能となります。

 

図.5Gに対応した基地局構成例

【今後の展開】

 DKKはこれまで、NTTドコモ様へ基地局アンテナを提供してまいりましたが、O-RANフロントホール仕様に準拠した無線装置の開発・提供を通じて、より幅広くNTTドコモ様の高度な5G商用サービスの展開に協力してまいります。また、O-RANアライアンスの一員としてO-RAN仕様の普及にも貢献していきます。

 

 

【株式会社NTTドコモ 無線アクセス開発部長 安部田 貞行 氏のコメント】

 電気興業様のO-RAN準拠の5G無線装置をドコモのネットワークに導入することで、自由度の高いネットワークの構築と、お客様のニーズに沿う5Gサービスを柔軟に提供できると考えています。今後とも5Gエリアの拡大と安定した通信の提供をめざし電気興業様と協力していきたい。

 

 

 

 

※1 5G:第五世代移動通信システム

※2 O-RANフロントホール仕様:O-RAN Allianceによって策定されているインタフェース仕様

                  DKKも2019年からO-RAN Allianceへ参加している。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

7

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中