【ALBERT】国税庁 税務大学校より「データ活用研修」を受託

株式会社ALBERT

2021/4/1 15:00

2021年4月1日

株式会社ALBERT

【ALBERT】国税庁 税務大学校より「データ活用研修」を受託

株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下ALBERT)は、国税庁 税務大学校より令和3年度税務大学校における「データ活用研修」の実施を受託しました。

■各産業のAI・データ活用人材育成を促進する研修プログラム

AI人材の不足数は2030年には14.5万人にまで拡大する見込み*であり、各産業においてAIやデータを活用できる人材の育成が急務です。ALBERTでは、社内における育成で培ったノウハウを活用し、実践的なプログラム「データサイエンティスト育成支援」を各産業に提供してきました。

*出所:経済産業省及びみずほ情報総合研究所株式会社

■企業・行政に実装されるAI開発、データサイエンティスト育成で社会に貢献

ALBERTは日本屈指のデータサイエンスカンパニーとして、企業・行政に実装されるAI開発やデータサイエンティスト育成を通して社会に貢献してきました。今後も、企業・行政においてAI・データ活用人材育成を支援することで、さまざまな課題解決の実現に向けて貢献していきます。

・データサイエンティスト育成支援サービスページ:

https://www.albert2005.co.jp/service/DST/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中