【ALBERT】東京大学COIとの共同研究契約を延長

株式会社ALBERT

2021/4/27 15:00

2021年4月27日

【ALBERT】東京大学COIとの共同研究契約を延長

医療政策・経済と新型コロナウイルスなど

疾病の予防施策への影響に関する探索研究を本格化

株式会社 ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下 ALBERT)は、国立大学法人 東京大学(所在:東京都文京区、総長:藤井輝夫、以下「東京大学」)と2020年10月に締結していた共同研究契約について、共同研究をさらに加速させるべく4月1日付で1年間延長する契約を新たに締結しました。今後、新型コロナウイルス感染抑止に向けた各国の政策とウイルス拡散の関係性や影響の予測に関する研究、その他、医学データ等を用いた「心拍変動の予測モデル」の検討など公衆衛生に関する研究を共同で実施する予定です。

 なお、本共同研究は東京大学センター・オブ・イノベーション「自分で守る健康社会拠点」(以下、東京大学COI)のテーマとして行われます。

■ 新型コロナウイルスなどの疫病の予防に関する共同研究を実施

ALBERTは各産業におけるビッグデータ分析・AI活用の支援に取り組んでおり、新型コロナウイルスの感染拡大局面に際して、2020年2月に設置された厚生労働省の新型コロナウイルスクラスター対策班に対して、人流データを使った感染状況の分析などのデータ分析支援を実施してきました。

今回の共同研究では、人々の生活に影響を及ぼす疾病のコントロールにおいて、数理モデルの構築をその専門家と医療専門家・疫学家とで行うことにより、実際の予防施策に生かされるアルゴリズムを検討し、公衆衛生学的に意義のあるアウトプットを目指していきます。

■ 東京大学センター・オブ・イノベーション(COI)自分で守る健康社会拠点

東京大学センター・オブ・イノベーションは、文部科学省および国立研究開発法人科学技術振興機構が主導する産学連携プログラムです。

「自分の健康は自分で守る、高齢者も社会を支える、新健康医療産業創出により国民総所得を増大する」という「自分で守る健康社会」実現のために、自治体・企業と連携して「健康維持の自分ごと化」を推進する社会を目指しています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース