静岡県立美術館「忘れられた江戸絵画史の本流 ―江戸狩野派の250年」開催中

江戸狩野派総選挙など展覧会関連イベントも

静岡県立美術館

2021/5/27 15:00

 


 

静岡県立美術館は、 令和3年5月22日(土)から令和3年6月27日(日)まで、企画展「忘れられた江戸絵画史の本流 ―江戸狩野派の250年」を開催中です。

本展では、個人コレクターの所蔵する江戸狩野派作品を選りすぐり、彼らの知られざる魅力をご紹介します。展示では、江戸狩野派の基本的なスタイルを築いた奥絵師の作品だけでなく、民間画壇に接触し、江戸狩野派の画風に多様性をもたらした表絵師の作品にも注目し、江戸狩野派の幅広い展開をご覧いただきます。

 

本展の見どころ

 

江戸初期から幕末まで。江戸時代の250年を江戸狩野派の作品によって駆け抜けます

江戸時代を代表する 17 世紀の画家・狩野探幽や、近年人気の幕末狩野派だけでなく、これまであまり注目されてこなかった 18 世紀の江戸狩野派の作品も多数紹介します。

 

奥絵師4家、表絵師12家揃い踏み!総勢80人の画家によって江戸狩野派の全貌に迫ります

江戸狩野派は、江戸城にアトリエを持つ奥絵師 4 家を頂点に、それを支えた表絵師 12 家が中核となって活動しました。各家の当主だけでも、江戸時代には約 140 人もいます。本展では、彼らの作品を時系列で紹介し、その変遷を辿ります。表絵師の画家を系統立てて多数紹介することは本邦初の試みです。

 

112点の展示作品のうち、4点以外すべて初公開!江戸狩野派の知られざる魅力を掘り下げます

本展では、1500 点を超える江戸狩野派コレクターの所蔵品から精選した作品 111 点をご紹介します。展示作品は、3 点を除く作品がすべて初公開です。 ※1 点のみ当館所蔵作品を展示します。

 

特別展示

 

「忘れられた江戸絵画史の本流」展の開催に併せて、江戸狩野派の古典学習に焦点をあてた特別展示「江戸狩野派の古典学習―その基盤と広がり」(5/18~6/27 静岡県立美術館 第7室)を行います。

本展は、江戸狩野派の傑作・優品が集まる模本や直模作品、倣古図に焦点を当てる初めての展覧会です。両展覧会を併せてご覧いただくことで、江戸狩野派の魅力の本質に迫ります。

 

 

推しメンに投票! 江戸狩野派総選挙 ~あなたはだれを推しますか~

 

 

 

会場内にイベントコーナーを設けており、「江戸狩野派総選挙」を開催しています。

本展では、江戸時代に幕府に仕え、江戸画壇の頂点に君臨した江戸狩野派の画家を80名とりあげます。

彼らは江戸時代には有名人でしたが、現在は、ほとんどの画家が忘れられています。そこで、今回のイベントでは、展覧会で紹介する画家のなかから、「我こそは!」と、今の時代に自分の魅力をアピールしたいという画家たちに立候補をしてもらいました。彼らは、1000人以上居た江戸狩野派のなかでも、トップ中のトップの奥絵師4家、あるいはその下で活躍した表絵師12家の当主です。

ぜひ、会場で、お気に入りの画家に清き一票をお願いします。

会期中、公式SNSで立候補した画家計10名を、毎週、少しずつ紹介していきます。会場に行く前に、立候補者の主張にご注目ください。

会期中イベント

 

◆ 特別講演会 「江戸時代絵画の底流 ―江戸狩野の復権」

講 師:並木誠士 氏(京都工芸繊維大学特定教授・美術工芸資料館館長)

日 時: 2021年5月30日(日)  14:00~15:30 

場 所:当館講堂

定 員:先着80名程度

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講師はオンラインでの参加に変更となりました。

※申込不要・無料

 

◆ 館長美術講座 「江戸絵画の表と奥について」

講 師: 木下直之(当館館長) 

日 時: 2021年6月6日(日)  14:00~15:30 

場 所:当館講堂

定 員:先着80名程度

※申込不要・無料

 

◆美術講座 「巨大組織・江戸狩野派の厚みと広がり-その魅力の深層に迫る」  

講 師: 野田麻美(当館学芸員) 

日 時: 2021年6月13日(日)  14:00~15:30 

場 所:当館講堂

定 員:先着80名程度

※申込不要・無料

 

◆フロアレクチャー

当館学芸員が展示室にて解説を行います。

日 時: 2021年5月29日(土)、6月26日(土) 14:00から

場 所:企画展示室

定 員:20名

※申込不要・要観覧料

※13:45から2階企画展チケット売り場横で整理券を配布します。整理券をお受け取りのうえ14:00までに第1展示室にお集まりください。

 

※新型コロナウイルス感染症拡大状況により、各種イベントは内容や定員の変更あるいは中止になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

 

展覧会図録

 

忘れられた江戸絵画史の本流展・江戸狩野派の古典学習展の展覧会図録をミュージアムショップで販売中。

1冊に2つの展覧会の内容がまとまっています。全264頁にわたる図録は、江戸狩野派の情報を網羅しており、1冊で江戸狩野派を存分にお楽しみいただけます。

※税込2,800円

※通信販売も行っています。詳しくはミュージアムショップまでお問い合わせください。

 

 

展覧会情報

 

展覧会名 :忘れられた江戸絵画史の本流 ―江戸狩野派の 250 年

会   期: 2021 年 5 月 22 日(土)~6 月 27 日(日)

開館時間 :10:00 ~17:30(入室は17:00まで)

休 館 日  :月曜日

主   催:静岡県立美術館  ※巡回先なし 

観 覧 料  :一般 1200 円(1000 円)、70 歳以上 600 円(500 円)、大学生以下無料

※( )内は前売り・団体料金

※身体障害者手帳等をお持ちの方とその介護者 1 名は無料

※前売券の販売は5月21日(金)まで

※土日のみ事前予約優先制

 

 

基本情報

 

会  場:静岡県立美術館 

住  所: 静岡県静岡市駿河区谷田53-2

アクセス: JR東海道線「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(100円)または徒歩25分

      JR東海道線「静岡駅」北口から静鉄バスで約30分

      静岡鉄道「県立美術館前駅」から静鉄バスで約3分または徒歩約15分

一般お問い合わせ:054-263-5755

美術館ウェブサイト: http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中