群馬県桐生市、ドコモ、メディアランド・ウィングがICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定を締結

~ICTを活用し、キャッシュレス決済の普及や行政サービスのデジタル化を実現へ~

NTTドコモ

2021/6/28 16:00

2021年6月28日

群馬県桐生市

株式会社NTTドコモ

メディアランド・ウィング株式会社

 群馬県桐生市(以下、桐生市)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、メディアランド・ウィング株式会社(以下、メディアランド・ウィング)は、「ICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定」を本日、締結しました。

 

 本協定を通じて、ドコモが持つICTや5Gの技術などを活用し、桐生市のキャッシュレス決済の普及や市民の情報格差(デジタルデバイド)の解消、桐生市庁舎建て替えを見据えた行政手続きのデジタル化・桐生市役所職員の働き方改革などにドコモとメディアランド・ウィングが一体となり取り組みます。

 

 キャッシュレス決済普及の取り組みにおいては、「d払い®」などのキャッシュレス決済と連携した桐生市内の消費活性化につながるイベントの実施に向けて協議していきます。

 

 また、AIや事務作業を自動化するソフトウェアロボット「RPA」などを活用した市民の行政手続きの効率化、市役所職員のリモートワークの促進など、市民と職員双方にとって利便性の向上につながる取り組みのほか、5Gを活用したまちのICT化についても検討を行います。

 

 桐生市、ドコモ、およびメディアランド・ウィングは、本協定を通じて、市民サービスの向上と桐生市の魅力発信によるさらなる地域活性化をめざしてまいります。

 

* 「d払い」は、株式会社NTT ドコモの登録商標です。

 

 

 

 

 

 

別紙 

 

 

ICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定の概要

 

1. 協定の名称

 「ICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定」

 

2. 協定締結日

 2021年6月28日(月)

 

3. 協定に基づく連携事項および主な取り組み例

連携・協力事項 主な取り組み例

まちのデジタル化の推進に関すること

■ ICT技術を活用し、桐生市のまちの魅力創出に向けた取り組
みの検討

市民の情報格差(デジタルデバイド)の解消に関すること

■ スマートフォン未保有者や初心者の方のサポートをする「スマホ教室」などの実施検討

ICTを活用した行政サービスの利便性向上・市職員の働き方改革に関すること

■ AI・RPAなどの最新技術を活用した行政事務手続きの効率化
の検討

■ 桐生市役所職員の働き方改革(業務効率化・リモートワーク
促進)に関する取り組みの検討

■ 新庁舎建設に向け、デジタルを活用した行政手続きの検討

市内のキャッシュレス化・消費活性化キャンペーンに関すること

■桐生市内事業者へのキャッシュレス決済の環境整備推進

■桐生市内の消費活性化に資する取り組みの検討

その他、地域活性化および市民サービス向上に関すること

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中