【パラ卓球】〈リリース〉追加代表推薦選手について

2021/06/30

 

一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会と一般社団法人日本知的障がい者卓球協会は、

国際卓球連盟(ITTF)のページにて発表されましたバイパルタイトスロット枠獲得を受け

下記選手を「東京 2020パラリンピック競技大会 日本代表推薦選手」として承認いたしましたことを発表いたします。

 

 男子クラス2   皆見 信博 (香川光卓友会)

 男子クラス7  井上 全悠 (山陽学園大学・山陽学園短期大学 職員) 

   女子クラス8   友野 有理 (日本体育大学)

 女子クラス10   竹内 望  (株式会社エントリー)

 女子クラス11 伊藤 槙紀(CTCひなり株式会社)

 

 

【パラ卓球日本代表 追加推薦選手コメント】

皆見 信博   

(男子クラス2  / 香川光卓友会)

 

 

東京パラリンピックのバイパルタイトの選手に選ばれた事は、家族や関係者の方々のサポートがあったからこそだと感謝しています。

新型コロナウイルスの影響により思うようなトレーニングはできませんでしたが、できる範囲で準備をしてきました。選ばれた事は、ビックリしているというのが今の気持ちです。このような環境の中でも試合をさせて頂ける幸せを感じています。東京パラに向けて、皆さんの応援に感謝しながら、最高のパフォーマンスが出せるようにしっかりと調整して望みたいと思います。

 

 

井上 全悠  

(男子クラス7  / 山陽学園大学・山陽学園短期大学 職員)

 


 この度東京パラリンピックのバイパルタイト推薦枠に選出されました。ようやくスタートラインに立てるという気持ちで非常に嬉しく思います。コロナ禍で世界中が大変な状況の中、日々健康で練習を行えるだけでも幸せな事だと感じています。

大会まで残りの期間を大切に過ごし、自分の卓球人生で最高のプレーをしたいと思います。最後になりましたが、いつもたくさんの応援ありがとうございます。メダル獲得に向けて全力で頑張ります。

 

 

友野 有理 

(女子クラス8  / 日本体育大学)

 

 

東京パラリンピックに出場できる選手は限られており、その限られた切符を掴んだ今、出場できなかった多くの選手の想いを胸に全力で自分らしくプレーしていきたいです。

最後まで諦めない気持ちで東京パラリンピックに向かっていきたいと思います。

 

 

竹内 望 

(女子クラス10  / 株式会社エントリー)

 

 

東京パラリンピックの推薦選手に選出され、嬉しさよりも1番は驚きを隠せません。

大変な状況の中で支えて下さった関係者の皆様に感謝の気持ちを忘れずに、最高の舞台で最高のパフォーマンスが出来るように頑張りたいと思います。

 

 

伊藤 槙紀

(女子クラス11  / CTCひなり株式会社)

 

 

パラリンピックに出て気合を入れて落ち着いて頑張ります。応援よろしくお願いします。

 

 

以上5名が選出されましたことを発表いたします。

※詳細は添付のリリースをご確認下さい。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

伊藤 槙紀

皆見 信博

井上 全悠

友野 有理

竹内 望

ロゴ

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 一般社団法人パラスポーツ推進ネットワーク
  • 所在地 東京都
  • 業種 各種団体
  • URL http://paranet.or.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中