夜間・屋外の人数測定ができる混雑状況測定AIを取り扱い開始

~EDGEMATRIX版とAndroid版の2種類を同時リリース~

NTTドコモ

2021/7/1 15:30

2021年7月1日

株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、カメラに映った人数・位置・密度などのデータをリアルタイムに測定できる「混雑状況測定AI」を本日から取り扱い開始します。

 

 この混雑状況測定AIは、株式会社Ridge-i(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳原 尚史、以下「リッジアイ」)が開発し、2020年5月に発表した『Ridge Count』のEDGEMATRIX版とAndroid版になります。

 「EDGEMATRIX混雑状況測定AI」は、EDGEMATRIX社とドコモが展開するEDGEMATRIX® ※1に対応するAIアプリであり、Edge AI Box上で動作するものです。

 「混雑状況測定AI Android版」は、AIアプリを搭載したAndroid端末※2として提供します。

 

<イメージ図>

 

 

販売名称 アプリ名称 概要
EDGEMATRIX混雑状況測定AI Ridge Count

EDGEMATRIXストアで配信されるAIアプリ

混雑状況測定AI Android版 混雑状況測定AI for Android

AIアプリを搭載したAndroid端末

 

 これにより、「混雑状況を把握したい」「密を回避したい」「マーケティングデータとして活用したい」といったニーズに対応した『Ridge Count』が、屋外イベントのように時間帯や天候で撮影環境が変わる場所や、薄暗い店内、PCが置けない環境でも利用可能となります。

 

 ドコモはEDGEMATRIX社とともに、さまざまなパートナーとの協業を通じて、映像エッジAIプラットフォームサービス「EDGEMATRIX」を、「AIを身近にするエコシステム」として国内外へ展開していくほか、「EDGEMATRIX」サービスや映像エッジAIソリューションの拡充を通じ、あんしん、安全、効率化などの課題解決に向け、取り組んでまいります。

 

 なお、本ソリューションは、ドコモが2021年7月16日(金)、19日(月)に開催する5Gソリューションの展示会「docomo 5G DX MEETUP for business」での出展を予定しております。「docomo 5G DX MEETUP for business」の詳細は、以下ホームページをご覧ください。

 docomo 5G DX MEETUP for businessホームページ : https://5g-dx-meetup.com/

 

※1 「EDGEMATRIX」は、現場 (エッジ)でカメラ映像などをAI処理する「エッジAI」を簡単に導入、管理できる映像エッジAIプラットフォームです。屋内外に設置する多数のエッジAIデバイス「Edge AI Box」の、設置場所の管理や稼働状況の監視のほか、遠隔操作を行うことができます。また、お客さまがご利用になるAIアプリを簡単に購入できる「EDGEMATRIXストア」も提供しており、AIソリューションの導入が容易となるサービスです。(https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/edgematrix/

※2 2021年7月1日現在、「Google Pixel 5」に対応しております。対応機種は今後、順次拡大予定です。

* 「EDGEMATRIX」は、EDGEMATRIX株式会社の登録商標です。

* Googleは、Google LLCの商標または登録商標です。

 

 

 

 

 

 

 

別紙

 

 

「混雑状況測定AI」の概要

 

1.「混雑状況測定AI」の特長

  カメラに映った人物の数をリアルタイムで測定し、人数・位置・密度などをさまざまな形式で出力可能です。昼夜・時間帯を問わず、大人数でも高い精度で人数測定が可能で、「照度」や「人の重なり」などの課題も独自の学習手法で解決しています。

  ● 精度 : 夜間の都内複数エリアおよびショッピングモールなどで誤差±10%程度

 

 (1) EDGEMATRIX混雑状況測定AI

  風雨にさらされるような屋外環境、定常的な設置が必要なシーンでご利用いただけるように、EDGEMATRIXストアに配信されるAIアプリに対応。EDGEMATRIX社の提供する「Edge AI Box」を利用することにより、利用者はAIアプリおよびエッジAIデバイスの選定・購入からデバイスの設置も含めて、容易かつ迅速にAIを活用したソリューションを導入・運用することが可能です。

 

 (2) 混雑状況測定AI Android

  幅広いお客さまに手軽にご利用いただけるよう、消費電力が小さなAndroid端末へ実装しました。Android端末でのスタンドアローン利用が可能です。

 

2.主な活用シーン

  ● 駅や空港施設などの公共機関や屋外イベント・展示会などの混雑状況測定

  ● 人の通行量調査、商業施設やスマートシティ・都市開発における混雑状況測定

 

<参考>株式会社Ridge-iについて

AI・ディープラーニング領域において、社会課題・顧客課題に寄り添い、現場に入り込んだコンサルテーションに始まり、アセスメント、開発、導入、顧客による自走化までを一元的に提供するテックイノベーションファームです。

 <会社概要>

 会社名  : 株式会社Ridge-i

 所在地  : 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル438

 代表     : 代表取締役社長 柳原 尚史

 事業内容 : ① AI・ディープラーニング技術のコンサルティングおよび開発

        ② 共同事業、ライセンス、保守モデル、自社開発などによるプロダクトの提供

 URL   : https://ridge-i.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中