秋にオススメの家庭菜園は葉菜と根菜 栽培のポイントは「栽培適期」・「土」・「虫」

ちょっとあったら嬉しい「菜」ったら嬉しい「根」♪

タキイ種苗

2021/9/9 14:00

2021年9月9日

タキイ種苗株式会社

ちょっとあったら嬉しい「菜」ったら嬉しい「根」♪秋にオススメの家庭菜園は葉菜と根菜 ミズナ、リーフレタス、ラディッシュなど 栽培のポイントは「栽培適期」・「土」・「虫」

 

 タキイ種苗は秋の家庭菜園シ-ズンに向け、初心者の方でも育てやすい野菜をご紹介し、家庭菜園ユ-ザ-を応援します。

 お料理をしていて、‟ちょっとだけ野菜を添えたいな”とか‟料理の彩りに野菜がちょっとだけあると嬉しいな”ということはありませんか? 秋は気候が涼しくなり動きやすくなるので、野菜を育てるのにもぴったりの季節です。今年はベランダや庭先のおうち菜園で、‟野菜のちょっとだけ”を叶えませんか?

 秋に野菜を栽培する際のポイントと、おすすめの野菜をご紹介いたします。

 


秋に野菜を育てるポイント

 ①栽培適期を守る

 「秋の1日、春の7日」ということわざは、秋の農作業で1日遅れると、春に7日作業が遅れるのと同じだという意味です。タネを播く、苗を植え付ける、収穫する、それぞれの作業に適した時期があります。まだ暑さが残る時期にタネを播くと、発芽しにくくなりますし、適期よりも遅く播くと、気温が低下して生育が進まず、収穫が遅れてしまう場合があります。

 

 パッケ-ジの裏面にある“ 作型表”などを参考にしながら、必ず 栽培適期を守るようにしましょう。

 

 

「土」へのこだわりが成功への「近道」

 培養土は栽培の基本となる最も重要な部分になります。よいタネと苗、栽培に適した気象条件や管理方法であっても、培養土の品質が悪ければ栽培はうまくいきません。「培養土の選択が成功の半分を決める」と言っても過言ではありません!

 

 野菜栽培専用の培養土は、野菜栽培に必要な肥料などが配合されています。初めて栽培する際は、事前に野菜の栽培に適するように設計された野菜栽培専用の培養土を用意しましょう。

タキイおすすめ培養土

「野菜の土」

 

虫から野菜を守る 

 涼しくなっても虫はおいしい野菜を狙ってやってきます! タキイ種苗が2020年に調査した「家庭菜園で失敗した原因」の結果によると、 虫の発生が1位でした。

 

 

 虫を防ぐには、タネ播きした後すぐに防虫ネットをかけるのがおすすめです。その際は、横から虫が侵入しないよう、洗濯ばさみなどでプランタ-とネットをしっかり止めることが大切です!ネットを外すタイミングは、野菜がネットの天井に届くくらい生長した時か、収穫の1週間前くらいが目安です。ネットをかけない場合は、虫を見つけたら手で捕殺するか、様子を見ながらスプレ-タイプの殺虫剤などを使用して早めの防除を心がけましょう。

 

しっかり止める!

 

防虫ネットをかける

(ネットの上からでも水やりが可能です!)

 

殺虫剤を散布する

 

タキイおすすめ!秋に育てるちょっとあったら嬉しい野菜

 秋に育てる野菜でおすすめは、生育期間が1~2カ月程度で、初心者の方にも育てやすいミズナ、ホウレンソウ、コマツナ、リ-フレタス、二十日ダイコンなどです。

 

ホウレンソウ

「弁天丸」

くせが無く、冬に収穫すると葉に甘味がありとってもおいしい!

従来のホウレンソウよりルテインを約1.5倍多く含む。

 

ミズナ

「紅法師」1

葉と葉柄のコントラストが美しく、シャキシャキした食感がたまらない赤紫ミズナ。

アントシアニンを豊富に含む。料理のアクセントにも大活躍!

※1 紅法師 農林水産省登録品種(品種名:TTU491)

 

ベビ-リ-フレタス

「ガーデンベビ-」

草丈10~15cmのベビ-リ-フ。

苦みが少なく口当たりがよいのでほかのサラダ食材と合わせやすい。

 

イタリアンパセリ

ハ-ブもおすすめ!

ビタミンA、B、Cが豊富で、パスタや肉・魚料理など幅広く利用できる。

 

ラディッシュ・二十日ダイコン

「ニュ-コメット」

表皮はテリのある赤色で、内部は白肉。サラダや浅漬けに向く。

 

コマツナ

「菜々美」

病気に強く、初めてコマツナを育てる方にもオススメ!

 

 ベランダや庭先でのおうち菜園は、収穫してすぐの新鮮な野菜が食べられ、お料理で‶野菜がちょっとだけ欲しい″が叶います!また、お子様と一緒に野菜のタネを播いて、育つ過程を観察したり、収穫する喜びを味わうのもおうち菜園ならでの楽しみです。ぜひ今年の秋は、おうち菜園にチャレンジしてみませんか?

 タキイ種苗は今後も、「みなさんのあったら嬉しい!」を叶えて行けるよう努めてまいります。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース