ZTEがChina Mobileのハイエンドルーター集中調達の入札セクション4で最大のシェアを獲得

ZTE Corporation

2021/9/23 12:52

AsiaNet 91749 (2155)

 

【深セン(中国)2020年9月23日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズ、消費者用テクノロジー・ソリューションの大手国際プロバイダーであるZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は17日、China Mobile(チャイナモバイル)の2021-2022年ハイエンドルーター/スイッチ集中調達セクション4で50%のシェアを確保し、同社のハイエンドルーターZXR10 M6000-18 SおよびZXR10 M6000-8S Plusで1位にランクされたと発表した。このセクションは、China Mobileのハイエンドルーター集中調達の中で最大のセクションであり、最大数の機器が含まれている。

 

ZTEは、クラウドプライベートネットワーク、ネットワーククラウド、5G UPF(ユーザープレーン機能)、IPプライベートネットワーク、MAN(メトロポリタンエリアネットワーク)などのシナリオでSR(サービスルーター)とPE(プロバイダーエッジ)の役割を果たすルーターを提供する。ZTEはさらに、China Mobileの将来のIPネットワーク、特にクラウドプライベートネットワークと5Gトランスポートネットワークに必要な機器を提供する。

 

ZTEのハイエンドルーターZXR10 M6000-Sは独立した知的財産権を持つルーターオペレーティングシステムであるROSngに基づき、SR/EVPN/SRv6/BIERをサポートし、シンプルさとインテリジェンスに向けたIPネットワークの進化を後押しする。このルーターは、社内NP(ネットワークプロセッサー)を採用してシングルスロットの1Tパフォーマンスを実現し、転送パフォーマンス、省エネ、SDN(ソフトウエア定義ネットワーク)で業界をリードする標準に到達している。

 

ZTEのハイエンドルーターZXR10 T8000とZXR10 M6000-3Sは2021年6月、総合評価で2位にランクされ、この調達の入札セクション3と5にそれぞれ選出された。さらに、China Mobileの2019-2020年ハイエンドルーター集中調達では、ZTEのZXR10 M6000-Sはセクション2(2Tハイエンドルーター向け)で1位、セクション3(400Gハイエンドルーター向け)で2位にランクされた。これまでのところ、ZXR10 M6000-Sは中国の市場シェアでトップ2にランクされている。

 

ZTEはデジタル経済の推進力として、優れたデジタルインフラストラクチャーソリューションの提供に取り組んできた。同社は継続的イノベーションにより、標準特許、主要テクノロジー、および製品ソリューションにおけるコアコンピタンスを増強し、5Gネットワ​​ークの構築を加速してきた。

 

ZTEは今後、China Mobileと提携し、5Gネットワ​​ーク技術をさらに革新し、デジタルの未来を受け入れるために5Gネットワ​​ークの商用展開を促進する。

 

▽メディア関係問い合わせ先

Margaret Ma

ZTE Corporation

Tel: +86 755 26775189

Email: ma.gaili@zte.com.cn

 

ソース:ZTE Corporation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中