電気興業株式会社 「3Dプリンタを使用した加熱コイル」のご紹介 ~『第3回次世代3Dプリンタ展』に出展~

DKK

2021/9/28 10:00

                                       2021年9月28日

 

電気興業株式会社 「3Dプリンタを使用した加熱コイル」のご紹介 ~『第3回次世代3Dプリンタ展』に出展~

 

 電気興業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤忠登史、以下 DKK)は、

10月6日(水)~8日(金)に、インテックス大阪にて開催される「第3回次世代3Dプリンタ展」に出展します。

 

【展示内容】

DKKのテーマ 「3Dプリンタを使用した加熱コイル」

 DKKは高周波誘導加熱のリーディングカンパニーとして、新技術に挑戦し続けます。

 

 今回は高周波誘導加熱装置の将来展望として、「3Dプリンタを使用した加熱コイル」について

各種3Dプリンタ製コイルの展示やプレゼンテーションを通じて、ご紹介致します。

 

 見どころは、多種多様な形状のコイルです。手作業では製作困難な複雑な形のコイルを多数、手に取って直接ご確認いただける貴重な機会となります。ぜひ、当社ブースにてご確認ください。

 

PRセミナー開催

 DKKの技術等をPRセミナーにてご紹介致しますので、皆様のご来場をお待ちしております。

ご質問やご意見をいただければ、幸いです。

 

テ ー マ: 「金属3Dプリンタ製の加熱コイル(銅)」

日   時: 10月7日(木)11時00分~11時30分 

会   場:  出展社による製品・技術PRセミナー会場①

 


 ※ご来場予定で招待状をお持ちでない方は下記URLから事前登録をお願いします

   https://www.japan-mfg-kansai.jp/ja-jp/visit.html

 

【DKKについて】

 ~未来の当たり前を作る企業 DKK~

 

 私たちDKKは1950年に電気通信インフラを整備する会社として誕生しました。

その後、誘導加熱技術を用いた高周波分野にも事業を展開しています。

 

 創業から71年間、アンテナをはじめとして携帯電話やテレビ・ラジオ放送、

自動車産業の安全性の向上など、今では当たり前となっている「暮らしに欠かせないもの」を

提供してまいりました。

 

 昨年からはローカル5Gにも取り組んでおり、さらなる変革期へ!

 

 

【会社概要】

商     号:電気興業株式会社(DKK)/ 英文表記 DKK Co., Ltd.

設     立:1950年(昭和25年)6月1日

資  本  金:87億7,478万円

代表取締役社長:近藤 忠登史

上     場:東京証券取引所市場第一部

本     社:〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目3番1号 新東京ビル7階

U    R   L:https://www.denkikogyo.co.jp/

 

詳しくは主催者ウェブサイトをご覧ください。

https://www.japan-mfg-kansai.jp/ja-jp/about/am.html

________________________________________________________                                                                                                                                                                                            

【お問い合わせ先】

電気興業株式会社 総務部 広報課 TEL 03-3216-1682

                        MAIL kouhou@denkikogyo.co.jp

                        URL https://www.denkikogyo.co.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

変更3

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中